韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日系車を認めるのは複雑だが、「レスサスだけは認めざるを得ない」

日系車を認めるのは複雑だが、「レスサスだけは認めざるを得ない」

中国で販売されているトヨタの高級自動車ブランド・レクサスはすべて日本で生産され、中国へと輸出されたものだ。ドイツの高級車ブランドが中国での生産を行うなか、レクサスが日本国内での生産にこだわっているのは、やはり「品質」に理由があるのだろう。

中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人にとって日系車は「どうしても複雑な感情を抱かざるを得ない車」であるとしながらも、レクサスには中国人が学ぶべき点が山のように詰まっていると指摘し、「レクサスと中国車の差は非常に大きい」と論じる記事を掲載した。

記事は、レクサスの品質の高さは中国でも「群を抜いている」と評価されていることを伝えつつ、レクサスの品質が高いのは「企業文化」と大きな関係があると指摘。高品質を実現するための管理と一切の妥協を排除する徹底ぶりは中国人が学ぶべきものであると称賛した。




また、レクサスのすばらしさは「アフターサービス」にも現れているとし、温かみがあって細部まで気配りのあるサービスからは「顧客最優先」という考え方が存在することが見て取れるとし、こうしたサービスも中国人が学ぶべきだとした。

レクサスはトヨタが1989年に米国で展開を始めた高級車ブランドだ。中国でも近年は人気が高まっているレクサスに対し、「中国人は日系車であることを理由に文句ばかり言うのではなく、その精髄を少しでも学べるよう努力するべきではないか」と問いかけている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
トヨタの高級自動車ブランド・レクサス。中国で販売されるレクサスはすべて日本で生産された輸入品だ。それゆえ、中国の自動車好きネットユーザーの間では「レクサスが中国で生産する日が来るか」という議論がしばしば起きる。一般的に自動車の現地生産化の直接的な目的は価格を下げて消費者にクルマを買ってもらうことであるが、現在のレクサス製品の定価はライバルと変わらないか、低い水準にあるため、価格を引き下げるための現地生産化は必要ないとした。

さらに、国内の部品供給メーカーは「高品質」を旨とするレクサスの部品として求められる要求を「根本的にクリアできない」とし、レクサスが現地生産化すれば価格と同時に品質も下がり、蓄積してきた評判も失いかねない。レクサスにとっては「現地生産しないことが、生き残るうえでの最大の強みなのである」と伝えている。日本での生産にこだわるレクサスには、中国に輸入される際に関税がかかり、さらに輸送コストなども上乗せされた価格で中国市場に出回ることになる。しかし、現状ではそのデメリットよりも「日本生産」の強みが上回っており、それが販売実績や中国国内の評判を支えている。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月14日 12:35 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL