韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮への人道支援検討・・・米日に事前説明=韓国外交部

北朝鮮への人道支援検討・・・米日に事前説明=韓国外交部

韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は14日の定例会見で、国際機関を通じて北朝鮮に対する800万ドル(約8億8500万円)の人道支援を検討していることについて、「政府の人道支援に関する基本的な立場、また対北政策全般について米国、日本などと緊密に協議しており、今回の件に関しても事前に説明した」と明らかにした。

また、「具体的な(支援の)時期や規模は南北関係の諸状況を総合的に判断し、決定すると認識している」と述べた。 日本への説明については、「人道支援を巡っては安保理決議でも禁止しておらず、政府は人道支援を政治・軍事的な状況と分離して推進する立場を堅持してきた」と述べた上で「その延長線上で政府の(人道支援)検討状況を説明した」と伝えた。




菅義偉官房長官は韓国政府が北朝鮮への人道支援を検討していることについて、「北朝鮮への圧力を緩めかねない行動は避ける必要がある」と批判した。

趙報道官は「制裁と圧力を加える時期ではあるが、人道支援は政治状況と関係なく継続することを政府の立場として堅持してきた」と重ねて強調した。韓国統一部の当局者は同日、国連児童基金(ユニセフ)や国連世界食糧計画(WFP)の要請を受け、21日に予定される南北交流協力推進協議会で800万ドルの支援について話し合う予定だと伝えた。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
菅義偉官房長官は14日、韓国政府が国際機構を通じて北朝鮮に800万ドル(約8億8400万円規模)を支援する方向で検討しているという報道に関連して「北朝鮮に対する圧力を損ないかねない行動だ」と批判した。 菅氏はこの日午前の定例記者会見で「今月3日の核実験など、北朝鮮が挑発行動を継続する中であって、今は対話の局面ではなく、国際社会全体で北朝鮮に対して最大限の圧力をかける時」と述べた。続いて「国際社会が結束して明確な意志を示す中で、北朝鮮に対して圧力を損ないかねない行動は避ける必要がある」と明らかにした。

この問題に関連し、韓国側と意見交換をする考えはあるかという質問には「韓国政府が正式に発表したものではないので、そのような質問や報道内容に対して具体的な返事は差し控えたい」と述べた。 一方の韓国統一省当局者は、北朝鮮の乳幼児や妊産婦に対する800万ドル(約8億8000万円)相当の人道支援であるとした。今の状態で韓国側は、ユニセフに350万ドル、世界食糧計画(WFP)に450万ドルの提供を検討。当局者は「人道支援は政治的状況に関係なく行われなければならないというのが政府の基本的な立場」と述べている。

北朝鮮への制裁処置を決めた後での後出しでは困る。何とものんびりした連中である。自国が攻撃されるという認識すら、感じられない。意見は正論に感じるが、そうではないだろう。今頃、自己都合で後出しされては大きな問題となる。支援すれば内容が何であれ、金正恩政権下に金が入るわけで、素直に北朝鮮の乳幼児や妊産婦に使われない。 緊急に支援の必要性があるならば世界会議の場で述べるべきである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月14日 17:37 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
何が足りないのか
猪木議員が写した北朝鮮の様子を見ると、人道的支援が
必要な生活ぶりは見えないが。何が足りないのか?
[ 2017/09/14 17:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL