韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮発射のミサイル 高度200キロ高く、飛距離も800キロ伸びる 

北朝鮮発射のミサイル 高度200キロ高く、飛距離も800キロ伸びる 

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮の平壌近郊の順安(スナン)付近から日本時間の15日午前7時前、東方に向けミサイル1発が発射された。菅義偉官房長官は記者会見で、弾道ミサイル1発が同日午前6時57分ごろに北朝鮮西岸から北東方向に発射され、7時4~6分ごろに北海道上空を通過、7時16分ごろ襟裳岬東約2000キロの太平洋上に落下したと発表した。

韓国軍によると、ミサイルの最高高度は770キロ余りで、飛行距離は約3700キロだった。北朝鮮のミサイル発射は8月29日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が視察するなか、中距離弾道ミサイル「火星12」を発射して以来。この時、ミサイルの飛行距離は襟裳岬の東方約1180キロで、高度は550キロだった。今回発射されたミサイルは高度が200キロ上がっており、飛距離も800キロ以上伸びている。北朝鮮が火星12に代わる新たな弾道ミサイルを発射した可能性がある。





菅官房長官は、日本の領域で落下物は確認されておらず、航空機や船舶への被害情報はないと明らかにした上で、「北朝鮮の度を超した挑発行動。最も強い言葉で非難する」と述べた。ミサイルに対する破壊措置はとられなかった。政府は15日、国家安全保障会議(NSC)を開催した。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
菅義偉官房長官は15日朝、緊急記者会見し、北朝鮮が同日午前午前6時57分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発を北東方向に発射したと発表した。菅氏は「ミサイルは7時4分から6分ごろにかけて北海道上空を通過し、同16分ごろ、襟裳岬の東約2千キロの太平洋上に落下したものと推定される」と述べた。一方、聯合ニュースは、最高高度と飛行距離などから、北朝鮮が発射したミサイルは中距離弾道ミサイル「火星12」の可能性が高いとみられるとし、北朝鮮は先月9日に「火星12」で、米軍基地のあるグアムに対する「包囲射撃」を検討していると威嚇していたと伝えた。

北朝鮮がミサイルを発射したのは先月29日、「火星12」を発射してから17日ぶり。今回再び中距離弾道ミサイルを発射したのは、6回目の核実験を受け国連安全保障理事会が追加の制裁決議を採択したことへの反発とみられる。また、米本土を打撃できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成向け、大気圏再突入などの技術をテストする狙いもあると分析されるとしたが、北朝鮮は東京上空は避けた。

これだけ短期間で弾道ミサイル連発であるから、北朝鮮技術を考えれば、いつ日本に落ちても不思議はない。何とも厄介な国と化したわけで、韓国メディアの日本語版では、現時点ではほとんど報じていない。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月15日 09:26 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp