韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  iPhone登場から10年、身の回りで起きた10の変化

iPhone登場から10年、身の回りで起きた10の変化

2007年に開催された発表会で生まれた故スティーブ・ジョブズの名言と共に世の中に送り出されたiPhone。今年、この歴史的な日からちょうど10年という節目を迎え、Appleは“10周年記年モデル”として最新技術を満載した「iPhone X」を発表しました。誕生から10年が経ち、iPhoneをはじめとするスマートフォンは日常生活に欠かせない存在になりましたが、私たちの暮らす社会や生活をどのように変革したのでしょうか。10周年にちなんで、筆者の独断と偏見で“10の変化”を挙げてみたいと思います。

iPhoneの登場によって、私たちの日常生活は「アプリ」なしでは成り立たなくなりました。特に、位置情報を活用した地図アプリ、ナビアプリは、紙の地図帳を持っていなくても、現在地がよくわからなくても、行き先さえ入力すれば「ここを右へ」「次を左へ」と私たちを目的地に導いてくれます。電車でどんなに遠くに行く場合でも、目的地を入力すればどのホームからどの電車に乗ればいいのかをナビゲートしてくれます。大きくて細かい電車時刻表を見たり、窓口で駅員さんに聞いたりする機会は激減しました。様々な機能やサービスを日常生活で活用できるようになったことで、日常の利便性は飛躍的に向上したと言えるでしょう。





ニュースや情報コンテンツはいつでも無料で視聴することができ、壁紙アプリや絵文字アプリの多くも無料で手に入るようになりました。興味があることはGoogleアプリに聞けばなんでも無料で教えてくれる、便利な世の中になりました。 iPhoneの登場は、私たちのお買い物のスタイルも大きく変えました。もちろん、今晩の夕食の材料や消耗品はスーパーで購入していますが、ネット通販サイトのアプリが便利に使えるようになったことで、多くのモノをネット通販で購入する機会が増えています。

iPhoneが登場する以前、私たちはこんなにもゲームを楽しんでいたでしょうか。スマートフォンの普及は同時にスマホゲームという巨大市場を生み出し、誰もが気軽にゲームを楽しめる時代がやってきました。“ゲームは子どもがやるもの”という考えはもう過去のもの。電車に乗れば、教科書を読みながらテスト勉強をしている高校生の隣で、スーツを着たサラリーマンやご年配の方がスマホの画面をジッと見ながらゲームを楽しんでいます。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
外出先やお休みの日、旅行先でもし仕事のトラブルに遭遇した場合でも、仕事をしなきゃ!と急いでオフィスに戻る必要はなく、その場でスマートフォンを使って必要な対応ができるようになったが、仕事の効率が劇的に向上した一方で、仕事から逃れられない日常を生み出したとも言える。「おはよう」から「おやすみ」まで、仕事モードから解放されない方も多いのでは…。

さて気になる新型iPhoneですが、「iPhone X」ではiPhoneシリーズで初めてホームボタンが廃止され、ベゼルが極狭に。さらに画面が端末全体に広がる全面ディスプレイデザインになったことから、「iPhone 7」シリーズのデザインを踏襲した「iPhone 8」とは見た目が全く異なる。RAM容量もiPhone Xが3GBでiPhone 8は2GB。高性能スマホとなったが、何がすごいのかと言う部分では、言葉に詰まりそうですが…。ワイヤレス充電は魅力でしょう~。一方で、単に機種変更と言う方もいるのでは…。

IOS11になると、むしろタブレットは使いやすくなりますね~。画面の質の高さは有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X」。またプレミアムな価格設定の「iPhone X」、「iPhone 8」が安く見えるのも戦略か…。iPhone人気を維持できるのかどうかは、個人的には現行維持ではと思いますが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月15日 12:04 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp