韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  「おひとりさま」が流行する日本社会、家電業界にも異変が起きている

「おひとりさま」が流行する日本社会、家電業界にも異変が起きている

政治体制や経済構造が異なる日本と中国だが、共通する社会現象もある。それは、少子高齢化と単身者の増加だ。中国メディア・新浪網は9日、日本で単身世帯が増加しているのに伴い、家電市場にも異変が生じているとする記事を掲載した。

記事は、厚生労働省の統計として2015年の単身世帯が1351万7000戸で1996年からの20年間で49.7%増えたとし、今や単身世帯は社会のマイノリティではなくなっていると説明。かつて企業が製品を開発する際の「標準家庭」は4人家族だったが、今や世帯の実態やニーズに合わなくなり、企業が「おひとりさま家電」の開発に力を入れ始めていると伝えた。





そして、S-cubismが8月に発表した、小部屋向けに開発された厚さ3.2センチメートルの超薄型ロボット掃除機を注目を集めたことを紹介。大手メーカーでもパナソニックが11年にコンパクトドラム式洗濯機「プチドラム」を発売して以降、食洗器や掃除機などプチ家電シリーズ製品を続々とリリースしているほか、パナソニックや象印、三菱電機などのメーカーが競うように小型電子炊飯器の研究に勤しんでいるとした。

さらに新興メーカーや家電量販店も「おひとりさま家電」の開発や販売に力を入れており、ツインバードでは小型家電製品が同社の売り上げの大きな部分を占めていること、ビックカメラが単身生活者向けのオリジナル家電ブランド「TAG line」を立ち上げ、手ごろな価格で購入できる電子炊飯器、電気ポット、電子レンジ、冷蔵庫などの製品を売り出していることを伝えた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
「第3次おひとりさまブーム」という言葉がある様に、ひとり時間を大切にする女性が増えている。働く女性のための月刊誌『日経WOMAN』が実施した読者調査(2015年4月に日経WOMAN公式サイト上で実施。556人が回答)によると、働く女性が平日ひとりで過ごす時間は、平均4時間6分。同様の調査を実施した2011年より、約30分長くなっている。ひとりの時間が「必要」と答えた女性は、88.1%にのぼった。

ひとり時間を求める理由で最も多かったのは、「好きなことや趣味をして気分転換をしたいから」(69.2%、複数回答)。次いで「気兼ねなく休み、疲れを癒やしたいから」(68.8%)が挙がった。最近の「第3次ブーム」では、幅広い世代の女性たちが、食事からエンターテインメントまで、様々な行動にひとりで臨むようになった。その背景にあるのが、スマートフォン(スマホ)とソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の普及だという。日経WOMANの調査では、ひとり時間を「楽しい」と感じている人が8割近くに達したのに対し、「寂しい」というイメージを持っている人は2割程度。「ひとり時間」に対するイメージは、よりポジティブな方向に変化している。

最近にわかに盛り上がりつつあるのが“おひとりさま家電”だ。家族みんなで使える高性能モデルではなく、ひとり暮らしで無駄なく使えるコンパクトな家電へのニーズが高まっている。エスキュービズム(S-cubism)ではこれまでに、液晶テレビやDVDプレーヤー、冷蔵庫やカキ氷機まで、幅広い家電を手がけてきた。いずれも、“ROOM(小部屋)”をテーマに、小部屋への設置を前提に開発しているもの。機能性を割り切ることで価格帯を抑え、ネットでも気軽に購入しやすい製品が多い。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月15日 17:42 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp