韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国企業ではなく北朝鮮を支援する韓国政府

韓国企業ではなく北朝鮮を支援する韓国政府

米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」が韓国に配備されたことに中国が報復を続けている影響で、結局ロッテが中国事業から撤退することになった。ロッテグループは中国国内に112店舗展開していたロッテマートの売却をゴールドマン・サックスに依頼した。損害額は現時点で5000億ウォン(約490億円)を上回るという。

ロッテマートだけではない。ロッテグループはこれまで22のグループ企業が中国に進出し、8兆ウォン(約8000億円)以上の投資を行ったが、その中国事業全体が揺らいでいる。2008年から3兆ウォン(約3000億円)を投じて開発を進めてきた瀋陽ロッテタウン・プロジェクトは中国政府の命令で工事が中断した。19年の完成を目指して1兆ウォン(約1000億円)を投資した青島複合商業団地の建設も滞っている。現代自動車は中国での不買運動の影響で4-6月の販売台数が60%以上も減少し、工場の稼働も中断した。アモレ・パシフィックも今年4-6月期の業績が1年前に比べて58%ものマイナスを記録した。





THAADは韓国が最初から望んで配備したものではない。北朝鮮の核・ミサイル開発に対抗するためのやむを得ない対抗手段だ。中国はそのことを知りながら、この機会を利用して韓国を完全に従わせ、米国から切り離そうとしている。ところがこの中国の動きに韓国政府は事実上、完全に口を閉ざしている。韓国大統領府報道官は中国のTHAAD報復を世界保健機関(WTO)に提訴する問題について「中国との協力が重要だ」としかコメントしていない。中国の気分を害することを恐れ、WTO提訴というカードを自分から取り下げたのだ。

ところがその一方で韓国統一部(省に相当)は北朝鮮に800万ドル(約8億9000万円)相当の支援を検討しているという。これは国連制裁によって北朝鮮の貧しい人たちの生活が一層困難になるのを心配してのことだという。さらに「韓国が運転手となるには少しぐらい無理な決定も必要だ」ともコメントした。北朝鮮の核開発によって生活が苦しくなった北朝鮮の貧困層は心配になっても、北朝鮮によってそれ以上の被害を受けている韓国企業のことは何も心配にならないのか。中国は報復を続け、韓国政府はそれから顔を背けている。また韓国国内でも政府が旗を振って反企業感情が高まりつつある。韓国企業はまさに孤立無援、完全な四面楚歌だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の国民の「北朝鮮へのシンパシー」というものが、なかなか日本人には理解できない。元を辿れば同胞だという意識は根強くあり、それが文在寅氏を支持するもうひとつの理由となっている。金正恩は本気で「赤化統一」(北朝鮮主導による南北統一)ができると考えているだろう。 今の文政権は、それが現実となる可能性がないとは言い切れない。文大統領は北朝鮮と戦争はしたくはないわけで、何かと北の反発を避けつつ、支援で顔色をうかがうのだろう。

戦争になれば多くの犠牲者が出るだけでなく、インフラ含めた立て直しが出来ない事を理解しているのではないか…。大統領において借金外交を通じて、世界の厳しさを受け止めているだろう。韓国はそれだけ追い詰められている状態である。自国企業より、自国負債すら手に負えないと考えれば、今後の文大統領に北朝鮮云々を期待すること自体が無理となる。

一方、中国は韓国にも北朝鮮にも、たいして興味がない。第一はアメリカ、次いでロシアです。これは中国外交部が、優秀な人間をアメリカ担当とロシア担当に配置していくことからも明らかです。朝鮮半島との関係は、「中米関係の一部分」という扱いとなる。

また北朝鮮における韓国危機においては、在留邦人は大使館の動きを注意深く見ている。また、韓国人も日本人が退避を始めると、日本に対し反発することも考えられる。緊急時の行動は、日本の外交、邦人保護にとって極めて機微な問題になるわけで、大使の判断は極めて重要になる。今のところ日本政府に危機感が感じられない。もっとも日本政府に危機感が感じられるようになったときは要注意と言えるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月16日 10:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
ヨーコ・カワシマの「竹林はるか遠く」
昭和20年天皇陛下の玉音放送によって日本が敗戦を受け入れた途端、朝鮮半島で生活していた日本人が経験した地獄の引き上げ体験記、ヨーコ・カワシマの「竹林はるか遠く」。
日本に統治されていた時にはおとなしく従っていた朝鮮人が豹変し襲ってきた。
特に若い女性を見つけては強姦した。
そのため引揚者の中には望まない妊娠をしていた婦人も数いた。
今、朝鮮半島で生活している日本人は全てこの本を読んでおくべきだ。
この恐怖が再現されるのはすぐそこに迫っているかもしれない。
[ 2017/09/16 16:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp