韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  今年16回22発の北ミサイル、費用は推計4億ドル

今年16回22発の北ミサイル、費用は推計4億ドル

北朝鮮は今年、2月12日に平安北道亀城から中距離弾道ミサイル(IRBM)「北極星2」(射程2000キロ)を発射したのを皮切りに、今月15日に行った火星12(射程5000キロ)と推定されるミサイルの発射に至るまで、計16回にわたって22発の各種ミサイルを発射した。韓国の国策研究機関が発行した資料や専門家のアドバイスなどを基に本紙が分析したところ、これをお金に換算するとおよそ4億ドル(現在のレートで約443億円、以下同じ)に達する。

韓国の情報機関、国家情報院の傘下にある国家安保戦略研究院が昨年末に発行した『金正恩(キム・ジョンウン)政権5年失政白書』によると、北朝鮮製スカッド(射程300-700キロ)の輸出価格は1基あたり500万ドルから700万ドル(約5億5400万-7億7500万円)、ノドン(射程1300キロ)は1000万ドル(約11億800万円)だ。同白書は、これを根拠に、射程3500キロのムスダンは1基あたり2000万ドル(約22億1600万円)と推定した。





ミサイルの価格は量産前か後かによって計算法が異なり、生産単価か輸出単価かの違いも大きいため、正確な計算は容易ではない。国策研究機関の関係者は「(生産価格を基準にした)純粋なミサイルの単価は、弾頭・エンジン・燃料および酸化剤の費用を合わせたもの。射程が長くなるほどエンジンの性能が良くなければならないだけでなく、エンジンの数も多くなり、100%輸入に依存している燃料もたくさん入れるので、価格はおおむね射程に比例する」と語った。韓国が独自に生産して軍に納めている射程300キロの玄武2Aミサイルの単価はおよそ200万ドル(約2億2200万円)、射程500キロの玄武2Bはおよそ400万ドル(約4億4300万円)だ。

これを根拠に、北朝鮮が今年に入って発射したミサイルの単価を推定してみると、3月6日に4発も撃ったスカッドER(射程1000キロ)は700万から1000万ドル、2月と5月にそれぞれ1回ずつ撃った北極星2は1500万ドル(約16億6200万円)、4月以降に合わせて6発(うち3発が成功)撃った火星12はおよそ3000万ドル(約33億2300万円)、7月に2度にわたって発射した火星14(射程1万2000キロ以上)は少なくとも5000万ドル(約55億3900万円)となる。 このほかにも北朝鮮はムスダン1発、対艦ミサイル1発など、スカッド系4発、地対空ミサイル1発、そして2発以上の地対艦巡航ミサイルを発射した。これらを合算すると、3億6000万ドル(約399億円)から4億ドルとなる。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国軍は15日午前、北朝鮮によるミサイル発射への対応という観点から、玄武2Aミサイル2発を発射したが、そのうち1発が海に墜落したことから、韓国の戦力に問題があることを露呈した。玄武2Aミサイルは、北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対抗するため整備が進む「キルチェーン」システムの中心的な戦力だ。韓国陸軍によると、玄武2Aミサイルの単価はおよそ20億ウォン(約1億9600万円)。何ともいかにもならずに、20億ウォンを燃やして放り投げたのと同じだ。

韓国軍が玄武2Aミサイル2発を江原道の東海岸から発射したのは15日午前7時3分。「火星12」と推定される北朝鮮のミサイルが平壌の順安付近から発射(6時57分)されてからわずか6分後で、このミサイルがまだ飛んでいる最中のことだった。これまで武力の誇示という観点から行われた玄武2Aの発射は、北朝鮮の挑発から少なくとも数時間後にようやく行われていたが、それに比べ今回は速やかな対応だった。韓国軍は、北朝鮮のミサイル発射の動きを事前につかみ、前日から玄武2Aの発射を準備していた。

ところが…、挑発原点たる平壌・順安までに相当する距離(250キロ)を飛んで東海(日本海)の目標に命中したのは、1発だけだった。もう1発は発射直後に原因不明の理由で海に墜落し、強力な対北報復力と意思を誇示しようとしていた韓国軍は体面を大きく損ねた。韓国軍の関係者は「発射前に航行警報を発令した状態だったので、当時、問題の海域に民間の漁船や商船はいなかった。墜落原因は関係機関で調査中」と語った。 金正恩は大笑いしているのではないか…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月16日 17:44 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp