韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  北朝鮮のミサイルが日本上空を飛んでもなぜ円高なのか

北朝鮮のミサイルが日本上空を飛んでもなぜ円高なのか

北朝鮮のミサイルが日本上空を横切ったが、なぜ円高傾向なのだろうか。 18日の国際為替市場の推移を見ると、最近、北朝鮮核危険が高まるたびに日本の株式市場は急落したが、円の価値はむしろ強気を見せた。北朝鮮が6回目の核実験を行った4日、日経指数が1%近く急落するなど世界の証券市場が乱高下したが、円はドル当たり0.61%下落(円高)した。北朝鮮のミサイルが日本上空を通過した15日にも反射的に円高を示した後、地政学的危機が拡散しないという見方によって元に戻った。

円はスイスフラン、米ドルとともに危険性を避けようとする資金が集中する安全通貨に分類される。特に円は安全資産の必須要件である対外支払能力の信頼を得ている。日本の経常収支は20年以上黒字を持続し、外貨保有額が中国の次に多く、金融資産が金融負債より大きい最大の純債権国だ。日本中央銀行が伝統的に景気浮揚よりもインフレ抑制に重きをおいて円の実質購買力が保存されるという点も、買いが増える要因だ。





そうだとしても、北朝鮮のミサイルの射程距離が及ばない米国よりも日本の通貨が強気を見せているのは簡単に理解できない側面がある。専門家らは円が危機に強い理由として、日本経済が対外の衝撃に鈍感だという点を挙げている。ユジン投資証券のイ・サンジェ理事は「日本の国家負債の90%は自国民に借りたものであり、どんな危険が押し迫ってもモラトリアム(債務の返済延期)が出る可能性がない」と説明した。外国人たちが日本の国債を売っても、円の安定性は揺るがないということだ。

マイナス金利の円を借りて、相対的に高金利通貨の資産に投資する手法(キャリートレード)の反作用と解釈する見方もある。例えば、円を借りて韓国株を買いつけ、北朝鮮の核危機が高まれば、韓国株を売って円に両替する「円キャリートレード」の清算構造のために買いが集中して円高になるということだ。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
今年だけで10回以上のミサイル発射を繰り返す北朝鮮。ミサイルが発射されるたびにドルが売られて円が買われ円高ドル安になっている。ミサイル発射自体は元々アメリカを強く意識したもので90年代から継続的に打ち続けているのになぜ今、円高ドル安となることが話題となっているのか。

数年前まで北朝鮮のミサイルはアメリカへ届く技術ではなかった。従ってアメリカにとって脅威ではなく、市場もそのように見ていた。だが繰り返す核実験やミサイル技術の向上によりICBMでアメリカ本土へ届く技術を手にし、グアムを脅すなど着々と既成事実を積み上げてきた。さらにここへ来て今年就任したトランプ大統領が感情的にも思えるような軽々な北朝鮮についてツイートする事が逆にアメリカで注目され、ドル安の要因の1つとなっている。

一方で、円が買われて円高に振れていることに違和感を覚える市場関係者は多い。米朝が軍事衝突すれば、地理的に近い日本に弾道ミサイルを放たれる恐れがあり、円は投資マネーの逃避先になりにくいとの見方もある。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月19日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
影響は限定的
緊張継続なら市場不安継続、開戦なら日本に朝鮮特需で円需要。
どちらに転んでも円高、とみたのか。
(このハンギョレは 9/8のNHKのぱくり)

有事ドル高が正常な反応でしょうが、北問題は騒がれる割には
国際情勢への影響は限定的に見えます。もし北が攻撃したら、
米軍の反撃で北は一瞬で壊滅する。米軍が保有資材の一部を
消費するだけのこと。
韓国が地上攻撃で大損害を受けた場合、これも影響は限定的で
産業界の過剰能力・過剰在庫の緩和として作用する。
[ 2017/09/19 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp