韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  米軍、長距離爆撃機・ステルス機出撃…対北朝鮮武力示威

米軍、長距離爆撃機・ステルス機出撃…対北朝鮮武力示威

米軍が18日、北朝鮮の6回目の核実験と中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星-12」型の試験発射に対応して、B1B長距離爆撃機2機とF35Bステルス戦闘機4機を朝鮮半島に出撃させた。

国防部はこの日午後「韓国空軍のF15K戦闘機4機が9月18日、米空軍のB1B戦略爆撃機2機、F35Bステルス戦闘機4機とともに連合訓練を実施した」と明らかにした。F35BとB1Bが朝鮮半島に同時出撃したことは、先月31日に続き18日ぶりだ。当時も韓米空軍は連合ミサイル爆撃訓練を実施した。

国防部側はこの日の連合訓練でB1B 2機はMK84、F35Bは合同精密直撃弾(JADAM)非活性弾を江原道太白(テベク)の必勝射撃場に投下したと伝えた。この日、米軍戦闘機は初めて軍事境界線近隣まで北上し、近接飛行したことが分かった。北朝鮮に対する武力示威と見られる。




韓国軍当局は「今回の訓練は拡張抑止実行力向上のための定例的展開訓練の一環として実施された」として「韓米空軍は北朝鮮の核・ミサイル脅威に対する韓米同盟の抑止力を誇示する一方、連合戦力の相互運用性および戦時・平時の連合作戦遂行能力を向上させることにより迅速な対応戦力の展開能力の熟達を図った」と伝えた。

「死の白鳥」というニックネームを持つB1Bは、B52やB2と共に米軍の代表的な爆撃機だ。最大搭載量は機体内部に34トン、翼を含む外部には27トンで、B52やもB2より多い。 しかし、B1BはB52やB2とは異なり核弾頭の投下能力はない。
http://japan.hani.co.kr/
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
海上封鎖案がトランプ政権が「最後の手段」として検討している可能性が高い。今年4月22日の産経新聞も、米政府から日本政府にこれに合わせた要望があったと推測可能な記事を掲載している。 民主党、共和党主流派・保守派を見渡しても、北朝鮮への攻撃どころか、日本を見捨てた米朝和平を唱えるばかりで、もしくはせいぜいが海上封鎖どまりとなる。限定攻撃であっても、米軍は最低でも3隻の空母を用意している点だ。実際、リビア空爆(1986年)は空母3隻、湾岸戦争は空母6隻、ユーゴ空爆は空母1隻+同盟国軽空母2隻、アフガン攻撃は空母4隻程度、イラク戦争は空母6隻で攻撃を実行している。また、ブッシュ政権末期にイラン攻撃がささやかれた際は空母3隻がペルシャ湾に集結したが、攻撃には至っていない。

専門家は、北朝鮮攻撃時には、戦後の治安維持や大量破壊兵器の確保に備えて、陸軍の動員が欠かせないが、トランプ政権はシリアに派兵中であり、アフガニスタンには4000人もの増派を決定した事から、軍事には「3倍の法則」があり、派兵した戦力以外に2倍の兵力が実任務・休息・訓練のローテーションをこなす為に必要だということであり、4000人の増派は実質的に12000人の地上戦力が拘束されたことを意味し、既にアフガンやシリア・イラクに展開する戦力を含めれば、必要戦力はさらに膨らむと指摘する。

さらにアフガン増派を主導し、トランプ政権の外交安保政策を取り仕切るマクマスター国家安全保障大統領補佐官は、シリアへの万単位の派兵を模索しているともいわれる。米国ではイスラム国(IS)が衰退した今こそ、シリアへの大規模派兵を行って主導権を握るべしとの論調が強い。そうなればますます北朝鮮どころではない。日本にとっては危険極まるわけで、自衛権行使にむけて動き始めるのは当然と言える。日本政府が軍事力拡大で動き出すほどに、アメリカも韓国も驚きを隠せないわけで、慌てた北朝鮮は韓国攻撃を先走れば、米軍主体で日本は後方支援で北を制圧できる。ただしロシアと中国を巻き込んだ大戦争とならない様に日本政府は根回しする必要があるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月19日 09:54 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL