韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子の屈辱…世界社会責任経営評価“69段階”墜落

サムスン電子の屈辱…世界社会責任経営評価“69段階”墜落

サムスン電子が世界の主要企業を対象にした社会責任経営(CSR)評価で、1年間に順位が69段階も落ちた。米国ボストンにあるコンサルティング機関「レピュテーション・インスティテュート」が最近発表した今年の社会責任経営評価順位によれば、サムスン電子は89位であったことが19日確認された。毎年発表されるこの評価は、企業の支配構造、社会的影響、労働者の待遇など企業の社会責任経営を問い詰める。米国・英国・日本・中国・韓国など15カ国で実施した17万件余りの調査結果に基づいて作成された。

サムスン電子は昨年100点満点中の69.8点を記録して20位を占めたが、今年は64.5点で89位に下落した。サムスン電子は2013年26位、2014年16位、2015年20位など着実に30位圏内に入っていた。米国の経済専門メディア「フォーブス」は「サムスンがギャラクシーノート7の発火問題とともに、イ・ジェヨン副会長がわいろスキャンダルにかかわって名声に打撃を受けた」と分析した。また、LGは65.9点で76位に上がりサムスン電子を抜き、現代自動車は92位(63.9点)に上がった。





今年、社会的責任を最もよく実現した企業にはデンマークの玩具メーカーであるレゴグループが挙げられた。米国のIT企業であるマイクロソフトとグーグルがそれぞれ2位と3位を、ウォルトディズニーとBMWグループが後に続いた。6位はインテル、7位はロバート・ボッシュ、8位はシスコ、9位はロールスロイス・エアースペース、10位はコルゲートだった。昨年7位だったアップルは、米国政府が要求したアイフォンのロック解除を拒否したことなどが否定的な評価を受け49位に落ちた。

評価を進めたレピュテーション・インスティテュートは、グーグルやマイクロソフトを例にあげて、企業の社会的責任指数は最高経営者のリーダーシップと関係が深いと分析した。一方、自動車ユーザーを欺いたいわゆる「ディーゼルゲート」を起こしたフォルクスワーゲンは、リーダーシップ点数が落ち今年も順位を回復できなかった。フォルクスワーゲンの順位は100位だった。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
企業の社会的責任とは、企業が倫理的観点から事業活動を通じて、自主的(ボランタリー)に社会に貢献する責任のことをいう。CSRは企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家等、及び社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をする責任を指す。CSRは企業経営の根幹において企業の自発的活動として、企業自らの永続性を実現し、また、持続可能な未来を社会とともに築いていく活動となる。

今日の企業の社会的責任は企業と社会の持続可能な発展を鍵概念とした企業活動を行っていくことが求められている。この持続可能な発展が企業の役割に大きなインパクトを与えた。このことは企業の経済的・社会的役割の中でいかにして社会的問題の解決に寄与していくかを意味している。 持続可能な発展が求められる背景には経済・市場・経営のグローバル化による貧富の格差拡大、環境破壊、人権・労働問題などが顕在化してきたことに関係している。それにより企業を取り巻く利害関係者の認識が変化し、企業は利害関係者を重視した企業活動がますます重要になってきている。

企業は経済的・社会的組織体である。企業の経済的組織体、すなわち企業の営利性は企業と社会の関係から豊かな社会を形成するうえで重要な役割を果たしてきた。だが、行き過ぎた営利性の追求の結果、必ずしも社会の進歩、発展に寄与してきたとはいい難い反面がでてきた。こうした企業行動は企業の負の側面として地球環境問題、労働環境、公害問題、消費者問題、企業不祥事などを引き起こす。まさに韓国にあてはまる。韓国政府と財閥企業と言う側面で、財閥経営者ではそもそもが無理という事だ。財閥経営を利用する株主たちは、さらに株価を吊り上げては、売り買いを実施するわけで、投資家たちのレベル低下にもつながりかねない。そもそもがあるべき姿ではないのだから、そういう意味では財閥経営の限界と言える。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月20日 09:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp