韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  苦境の韓国家電メーカー「数の中国」と「技術の日本」の挟み撃ち

苦境の韓国家電メーカー「数の中国」と「技術の日本」の挟み撃ち

家電はかつて日本の製造業にとって「お家芸」と呼ぶべき分野だったが、徐々に同分野で競争力を失った日本企業は相次いで撤退を迫られた。日本企業に代わって台頭したのは韓国企業だったが、今はその韓国企業が中国企業による追い上げを受けている。中国メディアの参考消息はこのほど、韓国国内では「中国企業の勃興と日本企業の復活」によって、韓国企業は苦しい状況に追い込まれているとの見方があると伝えている。

ドイツの首都ベルリンで開催された世界最大のコンシューマ・エレクトロニクスの見本市「IFA」には日中韓からの複数の企業が出展したが、特に目を引いたのは中国企業の多さだったという。記事は「IFAに出展した企業のうち、約40%が中国企業だった」と伝え、中国の家電メーカーは13億人を超える国内市場の大きさを活かしつつ、成長を続けていると指摘した。 





また、ソニーの業績が回復していることからも分かるとおり、「日本の家電メーカーも徐々に力を取り戻しつつある」とし、事業ドメインの取捨選択を行った日本企業のなかには「IFA」で存在感を放つメーカーもあったと紹介。また、日本からは大企業のみならず、中小企業の参加も多かったことを伝え、「日本が持つ技術力の厚み」を示したと伝えた。

一方、IFAに出展した韓国企業はサムスンとLGの2社だけだったと伝え、IFAの場においては韓国は「中国の数による攻勢」と、「日本の技術による攻勢」によって挟み撃ちにされたと伝えている。確かに近年の中国製造業の成長は眼を見張るものがある。スマホや白物家電の分野では中国企業が世界的に大きなシェアを獲得していて、韓国企業がシェアを奪われる構図となっている。かつて日本企業が韓国企業に追い上げられたように、今度は韓国企業が中国企業に追い上げられている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
IFAはドイツの首都ベルリンで開催される世界屈指のコンシューマ・エレクトロニクス(CE)とホーム・アプライアンスの見本市です。2010年には第50回目を迎えました。世界の主要ブランドが出展し、最先端の革新的技術、最新製品を展示する。世界中から1,500社近くが出展し、業界のエキスパートと出会える場となる。インターナショナル・キーノートをはじめとする様々なイベントプログラムを併催する。

白物家電分野では、2008年から新たに白物家電分野(Home Appliancesセクター)が加わりました。30,000m2、6ホールに業界大手が出展し業界の新たなプラットフォームとなっている。2009年、サイエンス&テクノロジー・フォーラム (TWF)から名前を変えたTecWatchには、大学、研究機関、企業の研究開発部門などがまだ最先端の技術や製品を紹介する特別なセクションです。ホーム・アプライアンス部門の研究成果の発表も実施される。また、2010年から新展開している2つのセクション、アップル関連のアプリケーションやアクセサリーを扱う「iZone」と電子ブックとタブレットPCに焦点をあてた「eLibrary」はいずれも好評を博している。

2017年のIFAでは、ソニーやパナソニックをはじめとしたAV機器メーカーがこぞってAIスピーカーを発表し、イベントを象徴する中心的なトピックのひとつになった。基本はGoogle アシスタント、Amazon Alexaのプラットフォームに則って開発するという、いわばスマホのような市場スタイルが形成されている。

Xperia XZ1およびXperia XZ1 Compactに搭載されている新機能「3D Creator」。背面カメラ「Motion Eyeカメラ」のみで物体の3Dスキャンが行なえるというほかにはない技術で、Xperia XZ1、XZ1 Compactの目玉機能のひとつとなっている。正確に言うと、カメラだけで実現しているわけではなく、加速度センサーを同時に利用して実現している。3Dスキャン時には、カメラで物体をとらえてその周囲を移動するという、一般的な3Dスキャンと同じ操作となるが、その時に加速度センサーの情報を読み取って移動方向や距離を判断するとともに、とらえている映像から表面の凹凸などの特徴点を割り出し、3Dモデルが作成される。3Dスキャンの手順やできあがる3Dモデルは、3Dカメラを利用する場合とほぼ同じだが、スマートフォンに標準搭載されている単眼のカメラと加速度センサーを利用し、ソフトウェア技術のみで実現できているという点が、3D Creatorの大きな特徴だ。

IFA 2017に合わせてレノボが発表した新製品の中でも、特に注目を集めているのが、ARデバイス「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」だろう。 本物ソックリに再現されたライトセーバーを使って敵を倒すゲームや、「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」内でR2D2とチューバッカがプレイしていたチェスを模した「ホロチェス」がプレイ可能となっており、スター・ウォーズファンにとって要注目の製品となっている。

詳細はこちら



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月20日 12:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp