韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国共産党大会の開幕迫る、経済成長は1-6月でピークアウトの可能性

中国共産党大会の開幕迫る、経済成長は1-6月でピークアウトの可能性

5年に1度開催される中国共産党大会が開幕する10月18日が近付いている。大和総研経済調査部主席研究員の齋藤尚登氏は9月20日、「中国:党大会後に成長率は大きく下がる?」と題したレポート(全8ページ)を発表した。レポートは、今年発表された経済指標を振り返り、「中国経済は1-6月の実質GDP成長率6.9%をピークに、緩やかに減速している可能性がある」としている。レポートの要旨は以下の通り。
 
◆中国では、「5年に1度の党大会が開催される年は、成長率が高くなる」と言われる。確かにかつてはそうであったが、前回の第18回党大会が開催された2012年にはこうした動きは観察されず、今回は、2017年1月~6月の実質GDP成長率は前年同期比6.9%(以下、変化率は断りのない限り、前年比、前年同期比、前年同月比)と、2016年の6.7%からは0.2%ポイントの加速にとどまっている。
 




◆政治サイクル的な景気の加速や減速は、かつてのイメージに引きずられた感があり、2012年の第18回党大会前後以降は、巷間で意識されているほどのものではない。実際、党大会を目前に控えた足元でも固定資産投資の加速は観測されず、むしろ減速が続いている。相対的に堅調なのは消費であり、これは従前から政治サイクルとはあまり関係がない。10月18日に開幕する予定の党大会の終了が、中国の景気を大きく減速させるきっかけとなることは考え難い。
 
◆2017年8月の主要経済統計を見ると、鉱工業生産は7月の6.4%増⇒6.0%増、以下同様に小売売上(名目)は10.4%増⇒10.1%増、輸出は6.8%増⇒5.5%増、固定資産投資は1月~7月の8.3%増⇒1月~8月は7.8%増など、軒並み伸び率が縮小した。こうした傾向は、7月以降続いており、中国経済は1月~6月の実質GDP成長率6.9%をピークに、緩やかに減速している可能性が高い。
http://biz.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国共産党の最高指導部が入れ替わる党大会が、10月18日に開幕することが決まった。習近平国家主席への権力の一極集中がさらに進むとみられる。来月18日に開幕する党大会は、5年に一度開かれる最も重要な会議で、最高指導部の人事などが議題となる。関係筋によると、党大会では、習主席の指導思想を党規約に盛り込むことや、全ての重要事項の決定権を握ることになる党主席ポストの復活も検討されているという。

最高指導部の人事では、習主席に近い陳敏爾重慶市書記が最高指導部に抜てきされるのか、そして、68歳で定年となる慣例を破って盟友の王岐山氏が残留するのかが注目される。定年ルールが撤廃されれば、国家主席の任期を2期10年と定めた憲法を改正して、習主席が3期目を務めることも可能になる。ある関係筋は、「習主席は4期目までやるつもりだ」と話すなど、習主席が長期政権にむけて布石をうつ大会となりそうだ。

現在の常務委員のうち序列1位の習氏と2位の李克強首相の委員留任は確実。ポスト習近平候補として胡春華・広東省党委書記と陳敏爾・重慶市党委書記の昇格も有力視される。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月21日 12:34 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp