韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓米日首脳、「北朝鮮が対話に出るよう最高強度の制裁・圧力を加えるべき」

韓米日首脳、「北朝鮮が対話に出るよう最高強度の制裁・圧力を加えるべき」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日(現地時間)、ドナルド・トランプ米大統領と安倍晋三日本首相と共に「北朝鮮が耐え切れず自ら対話の場に出ざるを得なくなるよう、国際社会全体が北朝鮮に対して最高強度の制裁と圧迫を加えるべきだ」と意見をそろえた。

文大統領はこの日、米ニューヨークのパレスホテルで開かれた韓米日首脳昼食会で、北朝鮮の核・ミサイル問題の解決策について深度ある論議を交わし、このような意見を確認したとカン・ギョンファ外交部長官が説明した。韓米日首脳が一堂に会したのは、7月のドイツ・ハンブルクで開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議以降、2カ月半ぶりのことだ。

カン長官はブリーフィングで「韓米日3カ国首脳は北朝鮮の核・ミサイル挑発が北東アジアはもとより、国際社会全体の平和と安全を脅かすものであり、決して容認できないという点を明確にして強く糾弾し、3国協力を緊密にしようという認識を共有した」と付け加えた。





カン長官は「このような認識の下に、3カ国首脳は北朝鮮が耐え切れず自ら対話の場に出てくるよう国際社会が最高強度の制裁と圧迫を加えなければならないということに共感した」とし、「国際社会が結束した立場を堅持するよう、3カ国が緊密に協力することにした」と明らかにした。さらに、「韓米日間の堅固な協力を土台に、中国・ロシアなどの関連国とも緊密に協力していくことにした」とカン長官は伝えた。特に3カ国首脳はこの日の会議で、強力な国連安保理の対北朝鮮制裁決議第2375号が類例なく迅速に全会一致で採択された点を評価しており、すべての国連加盟国が今回の決議を含めた一連の安保理決議を忠実で徹底的に実施するよう、3カ国間の協力を強化していくことにした。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
一方で政府はこの日午前、政府ソウル庁舎でチョ・ミョンギュン統一部長官の主宰で、第286回南北交流協力推進協議会を開き、ユニセフや世界食糧計画など対北朝鮮人道支援事業を実施している国連傘下の国際機構の要請により、計800万ドルを支援することを決めている。北朝鮮の政権に対する制裁と北朝鮮の住民に対する人道支援は分離して対処していくということが、国際社会が共有する普遍的原則であり価値としている。

一方で圧力をかけても隣の国である南朝鮮が北朝鮮を支援するのでは論外だろう。金正恩体制を崩壊させることが目的なわけで、世界一致で進むべきことを南朝鮮自ら緩和している様では、日米は、韓国を除外しして進めるのではないか。正論を語っても、経済低迷の韓国が自国対応で活用するならまだしも、北の支援などしている状態ではないだろう。文大統領の頭は、北とは戦わずと言う気持ちが先にある以上は、韓国政府も韓国軍も精神的な部分で既に負けている…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月22日 10:51 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
やはり韓国が入ると話がまとまらない
既に北とは対話の段階では無く排除すべき段階に突入している事を理解できていない。
後期朝鮮戦争勃発を目前にしてまだ戦いたくないと言ってる状況では南の負けは確定した様なもの。
韓国抜きで米日で北と戦わざるを得ないが南は自動的に北から攻撃されるだろう。
ご自由に対話を叫んでいなさい。
[ 2017/09/22 12:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp