韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人女性の購買力を取り込むために、日本の小売業が発信すべき事

中国人女性の購買力を取り込むために、日本の小売業が発信すべき事

中国では10月1日に国慶節(建国記念日)を迎える。10月4日の中秋節と合わせ、今年は8連休となるゆえ、この長期休暇を利用して海外旅行へ出かけようと計画する中国人は数多く存在する。

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本には「年に何回も訪れたくなる理由がある」としつつ、若い中国人女性にとって人気なのはやはり「買い物」であると伝え、中国人女性が日本で買い物を楽しむためのコツを紹介している。

中国人女性にとって、日本での買い物で人気の場所はやはり「ドラッグストア」だろう。化粧品や健康食品、医薬品などが所狭しと並んでいるドラッグストアは、彼女たちに「興奮」を与えてくれる場所のようだが、日本を何度も訪れている経験豊富な中国人のなかには「ドラッグストアでは物足りなくなった」という人もいるようだ。




こうした中国人に対し、記事は「東京駅および丸の内エリア」を訪れてみたら良いと紹介している。東京駅には、レストランやカフェが充実しており、中国人に人気のあるハローキティやリラックマなどのキャラクターものが購入できる東京キャラクターストリートもある。また、丸の内エリアはおしゃれなブランドショップが立ち並び、中国では味わうことのできない雰囲気を堪能できると推薦した。

また、日本での楽しい買い物を「よりスムーズにする」ために、中国人がよく利用する「銀聯カード」や「アリペイ」などの決済手段が使えるかを確かめるべきだとも強調。しかし、こうした決済手段はもはや日本では多くの店舗に導入されているため、心配は無用だ。さらにもうひとつの注意点として、日本の百貨店や商業施設、飲食店は中国に比べて営業時間が短く、早めに店を閉めてしまうことに注意すべきだと伝えた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
拼音または国慶日(こっけいび)とは、中華人民共和国および中華民国(台湾)の祝日の一つ。中華人民共和国では10月1日を国慶節、中華民国では10月10日を国慶日と定めている。中華人民共和国における国慶節の制定は1949年9月に中国人民政治協商会議において10月1日を国慶節と定めたことに由来する。これは、1949年10月1日に天安門広場にて中華人民共和国の建国式典が行われ、毛沢東により中華人民共和国の成立が宣言されたことにちなむ。

中国の今年の国慶節(建国記念日。10月1日)連休は中秋節(10月4日)と重なるため、例年より1日長い8日間となる。中国経済網によると、国慶節連休中の海外旅行はすでに予約のピークを迎えており、旅行者の数は昨年の倍になる見通しだという。中国では8月に入って以降、多くの旅行会社で海外旅行に関する問い合わせや予約が増加しているという。例年に比べ長い休みとなることから「より遠くに行きたい」と考える人が多く、遠方ではフランス、スペイン、イタリア、ロシア、スイス、英国、米国、チェコ、アラブ首長国連邦、ハンガリーが人気だ。また、中国が掲げる巨大経済圏構想「一帯一路」沿線国への関心も高いという。一方、近場で人気を集めているのはタイ、日本、インドネシア、ベトナム、フィリピンなど。旅行予約サイト・驢媽媽旅遊網は現在の予約状況から、今年の国慶節連休の海外旅行者数は昨年同期の倍になると予想している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月22日 12:48 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL