韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国企業が躍進、韓国勢は液晶と同じ轍を踏む懸念

中国企業が躍進、韓国勢は液晶と同じ轍を踏む懸念

中国・広州市に5兆ウォン(約4960億円)をかけ、テレビ用有機発光ダイオード(OLED)パネル工場を建設する予定だったLGディスプレーは、中国進出計画をスローダウンさせている。在韓米軍への終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備以降、中国に進出した韓国企業の被害が相次ぐ中、韓国政府内部では韓国の大企業が中国に最先端の工場を建設することが適切かどうか懸念する声が上がっている。急変する市場に対応するため、中国進出を急ぐ業界と技術・雇用の流出を懸念する政府の間に緊張が走っている。

産業通商資源部(省に相当)の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は18日、半導体・ディスプレー業界の最高経営責任者(CEO)との懇談会で、「韓国企業が中国で困難に直面しているが、半導体・ディスプレー業界だからといって安全だという保障はない。ライバル国への技術・人材の流出にも神経を使ってほしい」と発言した。白長官は海外工場の建設で韓国国内の雇用が減少することにも懸念を示したという。





LGディスプレーは7月末、中国工場建設計画を提出したが、韓国政府はいまだに承認していない。OLEDは国家重要技術に該当するため、海外への工場建設には産業通商資源部長官を委員長とする産業技術保護委員会の承認を得なければならない。しかし、韓国政府はこれまでに専門家による小委員会を設置しただけで、会合は一度も開かれていない。LGディスプレー関係者は「申請から2カ月がたつが、全く音沙汰がない。最大のテレビ市場であり、生産国である中国市場を開拓するには、タイムリーに中国工場を設置しなければならないが、タイミングを逃すのではないかと心配している」と話した。中国現地のディスプレー企業の猛追撃を振り切るためには、一日も早く市場を先取りすべきだとの考えだ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
政府はTHAAD配備による中国との対立に加え、韓国企業が中国に半導体・ディスプレー工場を建設した場合に起き得る技術流出を懸念している。産業通商資源部関係者は「過去に企業の対中投資に慎重な審査が行われなかった側面があるだけに、今後は技術流出の可能性がないか綿密に検討する方針だとした。

韓国の技術流出というが、中国企業の韓国中堅企業買収は終了している。OLEDディスプレー市場では、中国の脅威がますます強まっている。京東方科技集団、華星光電、南京中電熊猫信息産業集団、天馬微電子、信利など中国のディスプレーメーカー12社が今年末以降、本格的な量産に入る。現在市場を二分しているサムスンディスプレーとLGディスプレーにとっては、強力なライバルが出現する。

一方でソニーはLGのOLEDを利用し、独自技術で高画質を達成している。また大画面市場で付加価値を高めている。韓国は独自技術と言う側面に劣るわけで、中国企業に真似されて付加価値低下で、中国企業に押されるようでは本来のノウハウ技術とは言い難い。NAND型フラッシュメモリーの工場増設を進めているサムスンにも同じことが言える。今の状況ではいずれ中国に奪われる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月23日 10:35 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
亀尾で
LGは次世代 OLED工場をどこに作るか。
中国合弁の楽金顕示(広州)が一案。
38度線直下の坡州市の PAJO工場も一案。
この2つがダメならもうひとつ亀尾のGUMI工場か。

この話題はオチがないが。
[ 2017/09/23 22:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp