韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮、太平洋上空の水素弾実験は自滅の道

北朝鮮、太平洋上空の水素弾実験は自滅の道

北朝鮮の核挑発発言がエスカレートしている。トランプ米大統領の国連演説での「北朝鮮完全破壊」発言に対抗して昨日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は「史上最高の超強硬対応措置断行」で応酬した。それも前例なく金委員長が自ら発表した。北朝鮮の李容浩(イ・ヨンホ)外相は同日、ニューヨークのホテルで金委員長の発言に関し「歴代級水素弾試験を太平洋上ですることになるのでは」と述べた。李外相の言葉通りなら、北朝鮮は遠くない時期に太平洋で水素弾を搭載した大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、太平洋の上空で水素弾を爆発させるということだ。

北朝鮮の超強硬発言は現実になる可能性が低くないとみられる。国防情報当局の責任者を務めた予備役将官は「北は核プログラムを完成するために太平洋に核搭載ICBMを飛ばすと予想されていた」と話した。また金委員長本人の発言であるため実践しないわけにはいかないという。しかし北朝鮮が太平洋上空で水素弾を爆発させれば国際社会に途方もない波紋が広がる。一次的には海洋法に規定された「海洋の平和的利用」を正面から違反する。水素弾爆発過程で出る放射能の落塵は大気に広がり、魚類資源を汚染させる。もし水素弾が爆発する時、近隣に航空機や船舶があれば深刻な被害が発生する。





しかも北朝鮮の核兵器はどこに向かうか予測もできない。水素弾を搭載した北朝鮮のICBMが米本土に向かえば米国も黙ってはいないだろう。北朝鮮がその間、米国を威嚇する発言を続けてきたからだ。北朝鮮は8月初めにも米国領グアムを包囲射撃すると発表した。太平洋上での水素弾実験は金委員長自身の運命を催促する道になるだろう。今からでも北朝鮮は核開発を中断して「自滅の道」に進まないことを望む。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
CNNは、1953年から停戦中の朝鮮戦争はまだ終わっておらず、多数の犠牲を強いられたアメリカに対する憎しみが癒えていないと伝えている。北朝鮮は、アメリカを中心とする国連軍との3年間の戦争で、960万人の人口のうち、130万人を失った。国連軍司令官を務めたダグラス・マッカーサー元帥は後に、朝鮮戦争の凄惨さを「私は、朝鮮半島で続く人々の虐殺に対し、言葉では表現し難い恐怖に震える。おそらく、私は今生きている人間で最も多くの血と悲劇を見ている」と表現している。

アメリカの攻撃手段の中心は空爆となる。米軍機は、太平洋戦争全体よりも多い63万5000トンもの爆弾を投下し、北朝鮮全土を廃墟にした。戦後の北朝鮮は、これをプロパガンダに利用して、アメリカがまた同じことをする「顔の見えない敵」だと国民に教え込んできた。核開発についても、北朝鮮政府は国民に「アメリカの侵略を防ぐために不可欠な投資」となる。北朝鮮にとって、最大の「敵」がアメリカなのは、現在の情勢を見ても、過去の歴史を見ても明らかだ。

長年にわたり憎しみだけで、軍事力を高めてきた北北朝鮮が、今頃普通になれるわけがない。普通と言うのが何かすらもわからないだろう。アメリカの行動次第で、近隣国となる日本への影響は計り知れないわけで、原爆の恐ろしさを知る日本の危機感は尋常ではない。異常な行動に出る前に、何としても止めるしか道はない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月23日 17:47 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp