韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  深夜から早朝まで…「汚れた車両の清掃」で中国高速鉄道を支える女性たち

深夜から早朝まで…「汚れた車両の清掃」で中国高速鉄道を支える女性たち

今や中国全土に張り巡らされた高速鉄道は、中国人の足の代わりとなって中国経済を支えている。広大な国土を朝から晩まで高速で走行していれば、おのずと車体は汚れるものだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、高速鉄道の車両清掃に従事する女性たちに焦点を当てる記事を掲載し、高速鉄道の車体に付着した汚れを、誰がいつ清掃しているのか紹介した。

世界最長の鉄道網を構築した中国において、高速鉄道は今や中国国民にとってなくてはならない存在になっている。記事は、「高速鉄道の日々の運行の背後には、多くの人々の力添えがある」とし、車両の清掃を担当する女性たちもその一部であることを伝えた。

高速鉄道の清掃員である女性たちは毎日夜7時過ぎに出勤し、昼間に走行して汚れた車体を長い柄の付いたブラシや雑巾などを使って清掃するのだが、安全に気を配りながら毎晩20数両の車両を清掃するのだそうだ。車両の清掃で一番難しい部分は先頭車両で、特に運転席のガラス部分は車両全体からしたら非常に小さい部分だが、安全走行に直結する部分であるゆえに入念に清掃していると記述した。





また記事は、車両の内部の清掃についても紹介。座席、床、トイレなど、乗客が快適に過ごすことができるようにするための清掃作業は「相当な量」で、清掃し終わった車両を女性たちが「わが子を見つめるようなまなざし」で見つめている写真を記載した。

これに対して中国のネットユーザーからは、「この女性たちは高速鉄道の美容師だ」、「家族や子どもと過ごす時間を犠牲にして、とても大変な仕事だ」、「洗車機は作れないのか」といった声が寄せられていた。新幹線の場合は7分間で車両清掃を終わらせるプロフェッショナルな人びとが世界から賞賛を集めたことがあったが、こうした人びとの支えもあって乗客がその利便性を享受できていることを忘れてはいけない。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
新幹線メンテナンス東海は、車内清掃などの仕事を紹介している。
大井車両基地でも清掃をしているのですね。
A:東海道新幹線の車両は折り返し運転での車内清掃以外に、各車両基地での清掃も毎日必ず受けているんです。折り返し運転の場合は約12分という短い時間しかありませんので、車両が基地に戻ったところで一日一回、念入りに掃除をするという形ですね。基地へ車両が戻ってくるのは夜が多いため、車両基地では24時間体勢で清掃を行っています。

Q:車両基地で行っている清掃とはどんなものですか?
A:窓や車内の壁面、座席の側面部分など、特に見た目では汚れていなかったとしても毎日清掃をしています。また新幹線の車体は大きなブラシを備えた洗車機で洗うのが基本ですが、1号車と16号車の先頭部分については毎日、我々が長いブラシを使って手作業で綺麗にしています。先頭部分は新幹線の「顔」ですからね。お子様がホームでワクワクしながら列車を待っていて、入ってきた車両を見たとき、汚れていたらガッカリするでしょう。そうやって「新幹線」という「夢」を壊してしまうことがないよう、心を込めて毎日清掃作業を行っています。

日本でもやはり求人募集しているようで、人材集めには苦労している様ですが…。
新幹線を含めて、車の様な自動洗車と言うのはないのですかね~。。。 

…で調べると鉄道における車両洗浄装置は、鉄道の車両基地に存在し、鉄道車両を洗浄する装置とある。主要基地構内でおよそ5~10機近くとの事。引き込み基地でも必ず1基は存在している。東京第一・第二車両所が担当する車両は東京~新大阪~博多間約1,069 kmを、新幹線総合車両センターが担当する車両のうちE2系およびE5系は東京~新函館北斗間を往復する事により、速度に応じて車体の汚れのスピードがいち早い。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月24日 11:51 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp