韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で韓国人狙った犯罪急増、THAAD余波か…

中国で韓国人狙った犯罪急増、THAAD余波か…

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は7日付の社説で「韓国の保守主義者はキムチを食べて間抜けになったのか」などと子供じみた揶揄(やゆ)を掲載。これに韓国メディアが猛反発し、双方の中傷合戦にも発展している。

聯合ニュース(日本語電子版)によると、中国国内での韓国人の犯罪被害の急増は、国会外交統一委員会所属の与党議員が外交部から提出を受けた資料「在外国民の事件・事故被害の現況」で判明。昨年は1332件で、2015年の675件からほぼ2倍になっていた。

13年は598件、14年が574件と毎年500~600件だった犯罪が急増しているのが分かる。昨年7月に韓国がTHAAD配備を決定し、中国は搭載レーダーで自国が監視されるとして猛反発。経済的な報復とともに反韓感情も高まったとみられる。中央日報(同)によると昨年の犯罪被害を類型別にみると、窃盗が15年の203件から657件と3倍以上に増え、暴行傷害も15年の80件から106件に増えている。




中央日報(同)に掲載された韓国経済新聞は、現代経済研究院がTHAADが実際に韓国に配備された3月以降、中国に進出した韓国企業の被害規模は年末までに8兆5千億ウォンに達すると予測していると報じた。韓国産製品の輸出にも大きな影響があり、ハンギョレ新聞(同)によると、中国は輸入が大幅増加に転じた今年は、韓国産製品の輸入額だけ増加率が大幅低下し、「THAADへの報復以外にはこれを説明しにくい」という。

品目別に韓国製品の中国輸出額をみると、電機電子(部品)・鉄鋼・自動車(部品)を中心に輸出額がほとんど半減した。自動車部品は3月の3億2千万ドルから4月に2億300万ドルに減少し、7月には1億500万ドルになった。鉄鋼製品のうち輸出額が最も多い合金圧延は3月の5015万ドルから7月には2923万ドルへ。電機電子部門ではカメラ・送信機の場合、3月の1億8491万ドルから毎月減り続け、7月には534万ドルに激減。1次電池・蓄電器は3月の3億3074万ドルから7月には2億3302万ドルになった。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
中韓メディアによる中傷合戦と言っても、人民日報を見る限り、さほどには感じないが…。中国で韓国人狙った犯罪まで急増までするのは厄介ではあるが、中国旅行者に対して行ってきた、ぼったくり等の犯罪もあるわけで、どっちもどっちと言ったところではないのか…。 いずれにしても韓国側の逃げ道は無いわけで、アメリカは韓米同盟だから云々というオバマの時とは大きく違う。トランプの様な損得計算で動かれると、そもそも韓国の悪事は多いわけで、利益しか求めない財閥連中を自国政府が後押ししているわけで、そういう部分ではトランプは見逃さないだろう。

一方で韓国の使い道が薄れ、アメリカは軍備を売りつけて利益を得るのでは、大国に足をかけた朴槿恵のツケでもある。経済を中国に、自国防衛を米国にというのも夢となった。下手をすれば両方の大国から圧力がかかる。さらに言えば日本は韓国から離れて様子見となり、高みの見物状態である。黙っていても自然に崩壊する南朝鮮と違って、北朝鮮のほうが厄介となった今は、日本は必至である。まして北朝鮮技術である。さらに資金にも限界があるとなれば、何をしでかすかわからない。核実験をしても、核の本当の恐ろしさなど理解できないだろう。

そのうち、平和慣れしすぎた韓国民は、暴走し始めるのでは…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月24日 17:48 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL