韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ポスコ、米インディアナ州に線材加工センター竣工

ポスコ、米インディアナ州に線材加工センター竣工

ポスコ(POSCO)が世界最大の線材市場である米国に、年産2万5千トン規模の線材加工センターを稼動する。線材は自動車、電子、産業機械、建設などに使われるボルト、ナット、ベアリング、棒形鋼などを作る際に使われる鉄鋼製品だ。

ポスコは22日(現地時間)、米中部インディアナ州のジェファーソンビルでクォン・オジュン会長とインディアナ州のエリック・ホルコム知事などが参加した中で、線材加工センターの竣工式を開いたと24日明らかにした。線材加工センターは、素材である線材の供給を受け、熱処理、不純物除去、より細い線材に加工する過程を通じて注文に応じた厚みと強度の最終製品を生産する施設で、ポスコと持分2.2%を投資した中小企業ジンプン産業が合弁して合計2090万ドルが投入された。ポスコの国外線材加工センターとしてはメキシコに次いで2番目だ。





ポスコは米国の現地鉄鋼企業が生産しない高価な自動車用部品、ベアリングを中心に高級線材市場を先行獲得する計画だ。生産された製品は米国に進出した韓国企業のシムブレックスと太陽金属、米国現地の日産とフォンタナに納品される予定だ。

生産工程はジンプン産業が総括する。ジンプン産業は韓国国内でもポスコの線材の供給を受け、注文に応じた太さに加工する会社で、30年余りのノウハウを保有した強小企業だ。ポスコは「優秀競争力を保有した中小協力企業と共に海外に進出することによりシナジーを高めることができた」と説明した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
米国際貿易委員会(ITC)は5月11日、韓国など10カ国からの炭素鋼線材および合金鋼線材の輸入によって米国内業者に被害が出ているとする仮決定を発表している。これを受けて米商務省は、ベラルーシ、イタリア、韓国、ロシア、南アフリカ、スペイン、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦(UAE)、英国の10カ国で生産された線材が不当に安く米国に輸出されているかどうかを巡り、4月に開始した調査を継続するとした。イタリアとトルコに関しては政府による輸出補助が行われているかも調査している。

日本では昨年に新日鐵住金株式会社が、米国・インディアナ州に新たな自動車向け冷間圧造用鋼線の製造・販売会社「NIPPON STEEL & SUMIKIN COLD HEADING WIRE INDIANA INC」を設立した。「NSCI」は、松菱金属工業株式会社、日鉄住金精鋼株式会社、宮崎精鋼株式会社、株式会社サンユウ、豊田通商株式会社、日鉄住金物産株式会社、株式会社メタルワン、住友商事株式会社との共同出資による。

冷間圧造用鋼線の主な用途は自動車用ボルト等であり、線材に二次加工(酸洗・皮膜、伸線、熱処理等)を加えて生産する。その用途の多くが重要保安部品であることから材質・寸法精度等の要求品質が極めて高く、これに応えるには線材・二次加工 一貫での厳格な品質管理が必要です。新日鉄住金としては、北米の自動車市場に今後も安定的な成長が見込めることを踏まえ、タイ、中国に続き米国に3拠点目となる二次加工拠点を設立し、日系自動車・部品メーカーの主要な生産拠点を網羅するとした。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月25日 09:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp