韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  スポーツ >  北朝鮮問題で平昌五輪に危機…フランスも不参加の可能性を示唆

北朝鮮問題で平昌五輪に危機…フランスも不参加の可能性を示唆

北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島の情勢が緊迫化している。韓国平昌では2018年2月に冬季五輪が開幕予定となっているが、フランスは情勢次第では参加を見送ると表明した。中国メディアの今日頭条は24日、北朝鮮をめぐる問題が続くなか、平昌五輪の観戦チケットの販売が予定を大きく下回って大量のチケットが売れ残っており、「チケット販売で最大のマーケットになると見込まれていた中国でもほとんど売れていない」と伝えている。

記事は、フランスのローラ・フレセス・スポーツ相がこのほど、朝鮮半島の安全が保障されない場合、フランスは選手団の派遣を見送る可能性があることを発表したと紹介。さらに観戦チケットの販売が不調であることについて、平昌五輪の組織委員会の関係者は、「国際情勢が販売に影響を及ぼしている」との見方を示したと伝えた。 続けて、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は平昌五輪を平和的な五輪にしたい考えであり、韓国政府は平昌五輪期間中の安全確保に向け、北朝鮮の参加を求めていると記述。





北朝鮮は正式に表明していないが、韓国国内では「北朝鮮が参加への意欲を示している」との言論があることなどから、「参加の可能性が高い」という見方も浮上している。 一方で記事は、18年2月に行われる平昌五輪の観戦チケットは、9月18日までに107万枚中31.2万枚しか売れておらず、海外での販売分としては12万枚にとどまっており、計画の16%にしか届いていないと指摘。また、当初は韓国から近く、人口も多い中国でのチケット販売数に期待が集まっていたものの、朝鮮半島の情勢緊迫化を受けて「中国でもほとんど売れていない」と伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
「状況が悪化し、安全が確保されなければ、フランスの選手団はここにとどまるだろう」。フランスのフレセル・スポーツ相は21日、仏メディアでこう述べ、仏選手団の平昌五輪参加見送りがあり得るとの認識を示した。ロイター通信が伝えた。 平昌五輪への参加を見合わせる可能性を公に言及したのは、参加国の要人では初めてとみられる。フレセル氏は「われわれのチームを危険にさらすことはできない」と強調した。一方で決定には至っていないとし、外務省と緊密に連絡を取り、引き続き状況を見守る考えを明らかにした。

フレセル氏の懸念は現実になるかもしれない。正恩氏は21日の声明で、米国に対する「史上最高の超強硬対応措置の断行」に言及したのだ。五輪開催地域は、非武装地帯から100キロ程度しか離れていない。米朝関係悪化の中、北朝鮮が新たな軍事的威嚇に出る可能性が高く、選手や観客が危険に巻き込まれる可能性は否定できない。 もっともわざわざ危険な場所で冬季オリンピックを実施することは無いだろう。今頃、中止の危機と言ったところで、韓国内の設備は不備だらけではないのか…。挙句に北朝鮮参加まで要請している文大統領では、論外だろう。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月25日 11:16 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp