韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の公企業、海外資源開発に388億ドル投入し回収は142億ドル

韓国の公企業、海外資源開発に388億ドル投入し回収は142億ドル

韓国の公企業が海外資源開発に数十兆ウォンを投入し10年を超えたが、未だ投資額の3分の1程度しか回収できていないことが分かった。 25日、イ・チャニョル議員(国民の党)が産業通商資源部から提出させた「2016年度海外資源開発報告書」によれば、昨年末までに公企業と民間企業が海外資源開発に投資した総額は746億3千万ドル(累積)だ。しかし、昨年末までに利益・配当・資産売却などを通して回収した金額は投資額の54.9%である409億9800万ドルだった。公企業の海外資源開発投資が急速に増加した李明博(イ・ミョンバク)政府以来10年以上が過ぎたが、金を稼いで回収した金額は依然としてかなり少ない。

公企業と民間企業が進行中の海外資源開発事業は、昨年末基準で合計62カ国476事業(石油ガス141事業・鉱物355事業)だ。このうち韓国石油公社、韓国ガス公社、韓国鉱物資源公社、韓国電力公社およびその子会社など公企業の累積投資額は388億5千万ドルであり、このうち36.7%にあたる142億4200万ドルが回収された。最近の韓国ウォン-ドル為替レートを適用すれば、約44兆ウォンを注ぎ込んで16兆ウォンしか回収できていないことになる。一方、民間企業の累積投資額は357億8千万ドルで回収額は投資額の74.8%にあたる267億5600万ドルと集計された。民間企業は公企業に比べて30億7千万ドル少ない投資で、125億1400万ドル多く稼いだわけだ。投資額に対する回収額の比率は、民間企業が公企業の約2倍となる。




公企業別に見れば、石油公社が昨年末までに208億6300万ドルを投資し、46.2%にあたる96億3600万ドルを回収した。石油公社は海外で27の事業を進めているが、22の事業で未だ投資額を回収できていない。石油公社が投資したカナダのハーベストの場合、2009年に買収契約を締結し、昨年までに40億8千万ドルを注ぎ込んだが、2014年に400万ドルを回収するのに終わった。カナダ原油の価格が安くなり実績が悪化し、帳簿価値は投資額の16分の1水準の2億5400万ドルに下がった。

ガス公社は合計120億4200万ドルを投資して34.5%の40億9300万ドルを回収した。昨年までに行った22の海外事業のうち、カタールのラス・ラファン陸上など2事業だけで投資額より多く稼いだ。2010年に持分50%を確保したカナダのホーンリバーのキウイガナ鉱区は、合計7億9120万ドルを投資したがガス価格が下落して収益性が下がり、まだ回収実績がない。帳簿価値は投資額の4分の1にもならない1億8550万ドルに下がった。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
日本政府は企業の海外資源開発支援に昨年から拍車をかけている。日本政府は今後5年間に企業が大規模石油・天然ガス開発を円滑にできるように3兆円規模の資金を確保する検討を昨年実施している。この資金は日本企業が推進する資源開発に対する投資と債務保証に使われる。今回の措置は世界的に資源開発分野に対する投資が急激に減り数年以内に供給不足が懸念される状況で資源会社を後押しして資源価格の急反発を防ぐためとしている。

国際エネルギー機関(IEA)によると2015年の世界石油・天然ガス開発投資額は約65兆円で、2014年に比べ約15兆円減った。これに対し中国とインドなどでの資源需要は拡大している。日国際金融経済分析会合IEAのビロル事務局長は「資源開発投資の縮小は資源価格の乱高下につながるだろう」と指摘している。資源開発支援に対し資金を回収できなければ最終的に国民の負担になる懸念もあるとした。

韓国経済は待ったなしであるとはいえ、無駄な海外資源開発投資が多すぎる。気が付けば赤字の山となる。公企業の海外資源開発投資が急速に増加した李明博政府以来10年以上が過ぎた。その中には不正による投資もあり、ツケの負担は次第に大きくのしかかる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月26日 09:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL