韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本経済が何故か好調な理由は「中国が最大の貢献をしているから」

日本経済が何故か好調な理由は「中国が最大の貢献をしているから」

内閣府によれば、2017年第2四半期の国内総生産(GDP)は年率換算で2.5%増だった。個人消費や設備投資などの内需がけん引したとみられ、これで6四半期連続のプラスとなった。中国メディアの捜狐網は17日、好調な日本経済について「思いがけないことだが、中国が最大の貢献をした」と主張する記事を掲載した。

近年、「低欲望社会」と言われるようになった日本。爆買いに代表されるように、お金の使い方が大胆で購買意欲の塊のような中国人とは著しく対照的だ。欲がない低消費な日本人の生活が、日本経済の停滞に影響していると言われてきたが、なぜここにきて日本経済が上向きになってきたのだろうか。記事はいくつかの理由を列挙した。

まずは「低欲望社会からの脱却」だ。内需が拡大していることはその証だという。次に「イノベーションと技術」、「企業の方向転換」で、テレビ事業から社会イノベーション事業、クラウド事業などに転換した日立や、ポケモンで復活した任天堂の成功が良い例だという。





しかし記事が最も強調しているのは「中国市場」の貢献だ。爆買い当時の写真を掲載し、日本の経済回復は中国なしには語れないと主張。また、日本は第4次産業革命の実現を目指しているが、それも国内では消費できず中国市場が頼みの綱になるだろうと主張し、実際に7月の中国向け輸出は前年比17.6%増となっていることを強調した。

記事は、日本経済と日中貿易の周期からすると、この5年間のアベノミクスはマイナスの影響の方が大きく、2011年の尖閣諸島(中国名:釣魚島)国有化をめぐる問題以降、日中貿易は急降下したと指摘。日本経済は日中関係と密接な関係があり、中国との良好な関係を維持することが経済を安定させるカギだと主張したいようだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本の輸出は、2008年までの50年余りはアメリカが1位だったが、この年にアメリカで金融危機が起こり、アメリカをはじめ世界中の景気が急激に悪くなり需要が落ち込みました。しかし、中国経済は、中国政府のいろいろな経済対策により景気の落ち込みが少なく、引き続き高い経済成長を遂げたことから、2009年から日本の最大輸出相手国になっていたが、2013年はアメリカがトップへ返り咲いた。

日本の輸入は、2002年にアメリカから中国にトップの座が変わってからずっと中国が1位。製品の国際価格競争力を高めるために、日本の企業が労働賃金の安い中国に工場を建てて現地にて製造し、日本に輸入するという新しい経済・貿易の体制ができてきたことが理由でもある。また、韓国、台湾、香港、タイなどでも、同様に工場を造って、そこでできた製品を輸入するという加工貿易が増えたことから、アジアの国々が上位となった。

アジアの国々の工場で作った製品を輸入するという貿易スタイルは今も変わっていないものの、2003年ころからは、資源やエネルギー価格が大幅に上昇したことにともない、産出国である中近東の国々やオーストラリアなどが上位に名を連ねるようになった。しかし、2014年からは世界経済の低迷が見込まれる中、資源価格が急激に低下したことで輸入額は減少した。

日本貿易を見れば中国・米国は切り離せないわけで、中国という市場が日本にとって大きな意味を持つが、次第に他の国へと移行する可能性はゼロではない。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月26日 11:31 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp