韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  韓国メディア、日本の無責任な報道を批判

韓国メディア、日本の無責任な報道を批判

最近の北朝鮮の相次ぐ挑発と国際社会の対北朝鮮圧力で韓半島(朝鮮半島)の緊張が高まる中、日本の韓国関連報道が深刻だという批判が韓国メディアを通じて提起されている。 日本のあるメディアは22日、米ニューヨークで開かれた韓日米首脳会談で、トランプ大統領が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「今はそのような時か」と韓国の対北朝鮮支援に怒りを表した、と報じた。

別のメディアは19日、国連の昼食会でトランプ大統領が安倍首相に「北朝鮮封じ込めに必要な力がシンゾウ(安倍晋三首相)にはあるが、文在寅大統領にはない」と述べたと伝えた。

こうした日本メディアの報道に対し、東亜日報は9月26日、「日本メディア、責任のある韓国関連報道を」という社説を通じて「最近の韓半島(朝鮮半島)危機に関連し、一部の日本メディアの無責任な報道形態は放置できる水準を超えた」とし「一部のメディアが政府関係者の歪めて流した情報を匿名で報道し、政府は歪曲した報道を黙認する形で右派安倍政権の利益を追求するのではという疑いまで抱く」と伝えた。続いて「日本は経済的に先進国だが、報道の慣行では先進国とは言いがたい」と批判した。




朝鮮日報は9月25日、「日本メディアの常習的な韓米仲たがい報道」という社説で、「北朝鮮の核問題における局面で、一部日本メディアの誤報が度を超えている」とし「問題は、このような報道が日本政府関係者との『合作』という印象があることだ」と伝えた。続いて「北朝鮮の核問題が最悪の事態に向かおうとしている中、今持っている力を合わせても足りない韓米日。このような問題で顔を紅潮させ、誰に利するために行動しているのかは分からない」と主張した。

ソウル新聞は9月25日、「韓米仲たがいをする安倍首相のトリック政治」という社説で、「日本が北核解決に向けて韓米間のメッセンジャーの役割をするふりをしながら、むしろ両国を仲たがいさせている」とし「日本が韓米首脳間の不協和音を強調することで日米間の友情をさらに強めようという軽率な手法を使っている」と伝えた。続いて「無責任で低劣な外交」と批判した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
日本メディアの報道問題よりは、韓国メディアの報道を改めるべきだろう。うその塊と反日記事ばかりの韓国メディアには言われたくはない。日本のあるメディアは22日、米ニューヨークで開かれた韓日米首脳会談で、トランプ大統領が文在寅大統領に「今はそのような時か」と韓国の対北朝鮮支援に怒りを表した、と報じた。 別のメディアは19日、国連の昼食会でトランプ大統領が安倍首相に「北朝鮮封じ込めに必要な力がシンゾウ(安倍晋三首相)にはあるが、文在寅大統領にはない」と述べたと伝えた。

しかし北朝鮮支援のついては韓国メディアも批判しているだろう。普通で考えれば文大統領の行動は論外と言えるが…。 また能力がない文大統領では、トランプに力がないと言われても仕方がないのでは…。何でもアメリカ任せの韓国政府である。日本を危険な状態にしても何も言わないわけで、陰で笑っている様では、日米合同の軍事など信用できるはずもない。

日本メディアも決して良いとは言い難いが、韓国メディアは論外だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月26日 11:46 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL