韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国「偵察衛星貸して」…諸外国に依頼も全て断られる

韓国「偵察衛星貸して」…諸外国に依頼も全て断られる

北朝鮮の核(水爆)・ミサイル実験でようやく危機を実感した韓国政府と軍が混乱している。北朝鮮のミサイルに対抗する手立てが、韓国には全くないことが明らかになったのだ。特に発射の瞬間を捉える偵察衛星は諸外国に「貸してほしい」とレンタルを依頼したが、全て断られた。韓国本土防衛の望みは暗い。(岡田敏彦)

韓国では北の核・ミサイル開発に対抗し、防衛システム「キルチェーン」を構築し本土を防衛することとしていた。韓国版「キルチェーン」とは、北の核・ミサイル施設に先制攻撃をかけるプランで、ミサイル発射の兆候を偵察衛星で把握し、発射場所を先制攻撃するもの。韓国空軍の戦闘機KF-16の地上攻撃能力を向上させるなどの改造費も含まれる大規模な防衛計画だ。ところが、このキルチェーンの第一歩となる偵察衛星を、韓国は持っていなかった。

中央日報(電子版)などによると、韓国防衛事業庁は8月25日、レーダー搭載衛星4機と赤外線センサー搭載衛星1機の計5機の偵察衛星を21年から3年間で打ち上げ運用する計画を発表した。しかし、この計画が完成する23年までの約6年間は、北のミサイル発射の兆候を探知する手立てがない。そこで韓国軍は偵察衛星の「レンタル」というアイデアを思いつき、諸外国に打診したのだ。




その結果は、「貸し借りするという発想は最初から無理だった」(韓国テレビ局SBS電子版)。韓国軍が打診したイスラエル、ドイツ、フランスからは、いずれも「貸せない」という通知が9月11日までに届いたという。軍事用の偵察衛星はいずれも「脅威のある場所」を恒常的に偵察できる軌道に投入されており、イスラエルなど3国の衛星が東欧や中東周辺を重点とした軌道を描いているのは間違いない。北朝鮮を偵察するためには軌道変更が必要で、そのためには偵察衛星の持つエネルギー(推進剤)を相当量失うこととなる。

本来なら偵察高度を下げ詳細な情報を得るなど「いざというとき」のために使うエネルギーを失ってしまうのだ。また、映像からどれだけ細かい情報が得られるか(分解能)など軍事衛星の能力も「レンタル先」に明らかになってしまう。たとえ同盟国でも貸し借りなどあり得ない。しかも偵察衛星の寿命はどの国でも5年前後とされている。他国に貸せば衛星開発費と打ち上げ費用に加え、十年以上の長期スパンで考え抜かれた偵察衛星システム、さらには安全保障構想さえ変更を迫られることになる。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2017年8月29日、シンガポール華字紙・聯合早報によると、韓国は23年までに偵察衛星5個を打ち上げ、朝鮮半島を24時間体制で監視する方針を示した。北朝鮮が弾道ミサイル発射実験を繰り返していることなどを受けたものだ。 中央日報によると、韓国防衛事業庁は25日、国防省防衛事業推進委員会の会議で、衛星の打ち上げを含む「425項目」計画全体を承認したと伝えている。

レーダー衛星4個、光学偵察衛星1個を打ち上げる。レーダー衛星は天候の良し悪しにかかわらず地上の偵察が可能という。韓国は多目的用途衛星を「アリラン」シリーズと名付けており、1999年に「アリラン1号」を打ち上げて以降、7個の打ち上げを計画していた。 「425項目」計画では初めて、軍事目的の衛星を打ち上げることになる。打ち上げられる偵察衛星は、比較的高さの低い軌道を保ち、朝鮮半島の上空を1日に何度も通過するという。打ち上げは21年に始まる見通しだ。

しかしその前に北朝鮮に南朝鮮は制圧されるだろう…と考えれば遅すぎる。朝鮮戦争以後、北朝鮮監視に力を入れてこなかった結果と言える。何でもかんでもアメリカ頼みで、平和ボケしたツケである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月26日 17:19 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
偵察衛星の運用って、打ち上げ費用込みで一機当たり5百億円はする上に、地上設備やデータ処理用サーバ、運用人員の人件費等のランニングコストも軽く年百億円以上必要なんですが、今の韓国に自前で揃える余裕が本当にあるんですかね?
しかも低軌道を飛ぶ宿命で寿命が短く、記事にもあるように大体設計寿命が5年なので、5機体制なら毎年一機は更新し続けないといけない。
日本ですら宇宙開発予算を圧迫すると喧々囂々の末に押し切ったというのに。
[ 2017/09/27 12:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL