韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「小池劇場」中央政治の舞台でも開かれるか

「小池劇場」中央政治の舞台でも開かれるか

「小池劇場」は中央政治でも通じるだろうか? 日本の衆議院解散を控え、中央政治への参加を突然宣言した小池百合子東京都知事が、来月の総選挙の最大変数として登場した。小池知事は25日、新党「希望の党」代表に就任すると宣言した。中央政治に参加するかどうかについて曖昧な言葉で避けていた今までの態度から180度変わった。昨年の東京都知事選挙や今年7月の東京都議会選挙で相次いで大勝利を収めた小池式政治は、中央舞台でも成功するだろうか。

小池知事の政治については“劇場政治”という批判的見方が少なくない。これは、小泉純一郎元首相を批判した人々が多く使ったことばで、相手は敵対勢力であり自分は庶民の味方という式の単純な対決構図を作る政治をいう。 小池知事は東京都知事選挙の時から既成勢力対新しい政治という対立構図を強調し、旋風を巻き起こした。だが、新しい政治の中身ははっきりしていなかった。小池知事の「希望の党」は「寛容な中道政治」を掲げていると日本経済新聞は26日伝えた。





安保については「平和主義の下での専守防衛を前提に現実主義に立脚する」という案を作った。小池知事が掲げた新党の主な公約は「議員定数と報酬の削減」、「地方分権」、「情報公開」、「原発ゼロ」、「憲法改正」であり、保守と進歩を行き来する。彼女は25日、原発反対論者に転じた小泉元首相とも会談した。新党の公約ではっきりしているのは安倍首相との対立だ。原発ゼロは安倍首相の原発再稼働政策と相反する。小池知事は憲法改正についても、安倍首相が平和憲法の核心である9条の改正に議論を集中させているのは誤りだと述べた。首相としては連立与党の公明党の山口那津男代表が良いとして、安倍首相をけん制した。毎日新聞は小池新党の公約について「理念が見えない」という批判が出ていると伝えた。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
「小池氏は“脱原発”を旗印に新党を立ち上げるために動いていた。安倍首相は、小泉元首相の『北朝鮮が原発テロを起こす危険性がある』とした忠告を無視。現在も原発輸出を政策にしている。小泉元首相は、3年前の都知事選で“原発即時ゼロ”を公約にした細川護熙元首相を支援したが、安倍・自民党が推す舛添要一氏に敗れた。今回の衆院選では、小池氏にリベンジを果たしてもらうためにバックアップすることが予想される」(政界関係者)

早くも与党の“最大抵抗政党”となりそうな希望の党。現時点で与野党から参加の国会議員は10人以上、政治家として資質のある候補者は50人以上いるとみられる。「立候補者たちは絶対に受かりたいので、与野党問わず自分の党を出て、“小池頼み”で希望の党に加入する国会議員がいる。大規模な政党になる可能性も」(永田町関係者)

韓国メディアが日本政府の心配をする必要がないが、都政だけでは改革は出来ないわけで、結局国政から改善しないと地方との連携や風通しも悪いわけで、安倍総理の加計学園問題やら8億円もの国有地減額などなど、地方と国政に関わる不正はこれだけではないだろう。システムが悪いから問題が起きる。北朝鮮問題にしても原発にしても、軍事力拡大とアメリカ外交との条約の中身にしても、敗戦後から復権した日本は連合軍が憲法を確認したのち、平和憲法とはいえ、日本の学校教育に憲法の勉学は含まれてこなかった。

有識者会議などで意見が割れる憲法などでは困る。誰が見ても理解しやすくすることがシステム改善であり、政府の大きな仕事でもある。希望の党が自民党に圧力をかける良いチャンスであるわけで、都政で反発を受けても、小池氏も年齢的に最後のチャンスなわけであるから、多少時代は動くのではないか…。日本の悪いシステムは改善し修正すべきであるし、総理みずから不正に関わるようでは困る。まして大臣の言動や、政治資金の公私混同も多すぎるし、政治資金の悪用も多すぎるわけで、北朝鮮問題を含め、問題は山積状態の日本である…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月27日 09:51 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(2)
政策を語れよ
小池さんはいつも政局マターで選挙を戦う、これは達者だ。
具体的な政治問題に取り組まないから「小池劇場」という
批判がでる。

脱原発を言うが、エネルギーの代案は語らない。
ロシアの天然ガスとか、米国のシェールとか、この人の
政策思考にはなさそうだ。もっとも現状、日本の電力は
限りなく原発ゼロに近い。
天然ガスがシェアを伸ばしている。なので、火力発電所反対
運動が政治マターとして浮上する。東京湾岸とか、一箇所に
集まり過ぎるのも困るが。
[ 2017/09/27 11:46 ] [ 編集 ]
政治家、落ちたらただのおっさんや、あ、おばちゃんもおるか
私の知る限り昭和40年頃からいくつの政治集団が立ち上がり、消滅していったか、100はくだらない
政界も産業界同様、活性化が必要なので、大いに結構、国家国民の為にも奮闘は期待する  が、まだ小池女史は都知事になったばかり、もうすこし実績を積んだほうがよろしいのでは、希望の党とやらへ民進党の議員も一緒に抱え込めば政策はまとまらないと思う、
過去に、渡邊喜美議員が率いる、みんなの党でしたか国会議員54人まで膨れ上がって、第2政党になると勢いがよかったが消えてしまいましたね、当時安倍総理は内閣議案に何でも反対する公明党を外してみんなの党と組むことを、真剣に考えたものだが、やはり力不足、6億くらいのカネで動きがとれないのでは、いまいちかな
昭和48年の田中内閣時、田中軍団の7奉行の一人から聞いた話をしましょう
当時は政党助成金なるものはありません、彼いわく、北海道から沖縄まで自民党各支部で事務職で働いてくれる、人達の数は5000人弱、この人たちが自由民主党を影で支えている、この人たちの給料も支払わなければならない
田中(角栄)の親父は中学卒、俺は東京農大卒、つまり能がない(頭が悪い)だから仕事を分けて考える
政治なんちゅうものは東大、京大、東北大卒とかの連中にやらせればいい
俺らはカネ集め、人に何といわれようと汚いカネでも、集めなければこの自由民主党という大所帯はやっていけないし、政治は動かない、政治は数、数は力、力を見せるにはカネをやらなくては誰も言うこと聞かない
なるほどね、つまり、泥かぶりのいやな役も買って出る人も組織には必要ということかな
そういえば、知能指数の高い連中にカネを集める能力はないわな
2世3世の苦労もしないで育ったお坊ちゃん、お嬢ちゃん達に政治など出来ないわけで、せめて15年は赤の他人である政治家のお番頭でもやりなさい、そうしてこそ一人前の政治家になると違うん、24時間365日奉公する、一日の休みもない
結党62年、自由民主党も紆余曲折、色々いていい、汚職議員を追放した、新生、自民党安倍総理は良くやっておられる、経済が順調だわね、今日の発表、国民貯蓄1830兆円、企業留保金、406兆円、民主党からの政権奪取からそれぞれ230兆円、166兆円も増額、株式時価総額も平均2,6倍,増
最後にどんな政党が出来ても、自分の保身ばかり考えているような政治家では落選しますよ、普段から地元の県民の為に汗をかいていれば、必ず拾ってくれるはず、小池劇場に群がるネズミの皆さん、一時のお騒がせ、私の予想では、短命に終わると思いますよ。
[ 2017/09/27 20:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp