韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国車が直面している苦境は日本にとっても「明日はわが身」

韓国車が直面している苦境は日本にとっても「明日はわが身」

中国の自動車市場で苦境に直面している韓国車。中韓関係が良好で、韓流ブームが盛り上がっていた頃は販売も好調だったが、高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD(サード)」の配備をめぐって中韓関係が冷え込むと韓国車の販売も急激に落ち込んでしまった。

現在の中国市場では日系車の販売が極めて好調だが、中国メディアの今日頭条は22日、日系メーカーは韓国の自動車メーカーが陥った苦境を教訓とすべきであると論じる記事を掲載した。

記事は、韓国自動車メーカーが中韓関係の悪化という政治的な影響を受け、中国市場における販売が大きく落ち込んでいることを指摘。中国国内の生産能力を下回る販売台数にとどまったことで、一部の工場では生産停止に追い込まれたほか、現代自動車にとって最大のマーケットである中国での苦境は同社の株価下落にもつながっていると論じた。





続けて、現代自動車が直面する苦境は「中国が韓国企業に対して行っている報復措置によるものが大きい」とし、韓国政府のTHAAD配備が招いた結果であると主張した。日中関係は今でこそ小康状態にあるが、日本と中国の間には領土をめぐる対立のほか、歴史認識をめぐる問題が存在する。尖閣諸島(中国名:釣魚島)問題が起きた際、日系車は不買運動の槍玉に挙げられたこともある。

記事は「中国はもはや他国から侮られる国ではない」とし、日本および日系自動車メーカーは韓国メーカーの苦境を「対岸の火事」として傍観しているべきではないと主張。日中関係が悪化した際には現在の韓国企業と同じように政治面からの火の粉が降りかかる可能性があるとの見方を示し、「日系企業は現在の韓国企業の苦境を教訓とすべきである」と結んだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
実は、日本の基幹産業、自動車ビジネスが今、危機に直面している。米国やドイツを震源地に劇的なパラダイムシフト(大転換)が起きているのに、その流れに追いついていけない。 電気自動車(EV)化の急速な進展にある。 ドイツで9月12日に始まった「フランクフルトモーターショー」に先立ち、フォルクスワーゲン(VW)が開いた記者会見。2025年までにEVを50車種投入し、200億ユーロ(約2.6兆円)を投資すると発表した。従来計画は30車種程度だった。

主力車「ゴルフ」のEV版を17年2月から発売している。1回の充電での航続距離は約300キロ。その時点では、EVで先行する日産自動車の「リーフ」の280キロを上回った。 世界販売でトヨタ自動車とトップを争ってきたVWの転換は、下請け企業も含めて産業構造に大きな影響を与えそうだ。EVはディーゼル車やガソリン車に比べ、部品点数が少なく、生産体制も変更する。VWはドイツ国内で全従業員の8%に当たる2万3千人を削減する計画だ。ドイツ勢のEVシフトは鮮明で、ダイムラーやBMWもEV事業を強化する。中国や英仏、米カリフォルニア州などで環境規制が強まり、内燃機関(ガソリンやディーゼル)の販売を抑制する動きが強まっている。

こうした動きを加速させたのは、皮肉なことにVW自身。15年に発覚したディーゼルエンジンの不正試験が、世界各国の規制当局を刺激した。「VWは自社の不正を機にEVにシフトし、産業構造を一気に変革して最大のライバル日本メーカーを引き離す戦略ではないか」(日本メーカー幹部)との見方もある。ハイブリッド車は部品点数が多く、別名「雇用創出車」とも呼ばれる。部品・素材から完成車のメーカーまで、垂直統合的な産業構造の中で部品と部品を調和させながらつくり込む「すり合わせ型商品」の典型だ。組み立てノウハウにも付加価値があり、日本の製造業が得意としてきた分野だ。

しかし、ドイツ勢に対し日本勢の動きは鈍い。トヨタとホンダは19年ごろに、EVをやっと市場投入する計画だ。EVはまだ「ニッチ」の位置づけだ。世界ではガラパゴス化している、ハイブリッド技術に傾注。過去の成功体験に安住し、現実の変化から目をそらすかのようだ。トヨタの戦略の劣化が特に著しく、自動車のコモディティー化を極度に恐れている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月27日 11:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
次の次では
中国自動車市場で上半期日系は17%の伸び、ドイツ系は5%の伸び。
台数差は 28万台まで詰めたから、早ければ来年には日独が
逆転するでしょう。

ドイツ車がEVに傾注するのは、次の次では勝ちたいという力みに見えます。
電力輸出するくらいだからドイツ国内電力は足りていて問題ないようです。
現状をみると、新エネルギー車(HV,EV)のシェアはドイツが14%、日本が25%、
新車シェアはまだ日本が勝ってます。
[ 2017/09/27 13:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp