韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国人が「初の海外旅行先」に日本を選ぶ嬉しい理由

中国人が「初の海外旅行先」に日本を選ぶ嬉しい理由

日本を観光で訪れる中国人が年々増加している。中国では日本旅行がブームとなっていると言えるが、日本の何を魅力に感じて訪日しているのだろうか。中国メディアの今日頭条は「ここ数年、中国人の初めての海外旅行先が日本になっているのはなぜなのか」と問う記事を掲載した。

地理的な近さで言えば、日本以外にも他に選択肢は数多くある。逆に物価が高く、中国国内で反日感情が依然として存在するなかで、日本を旅行先として選ぶ中国人が増えているのはなぜなのだろうか。

記事はいくつかの理由を挙げているが、「日本は家族で旅行しやすい」という利点があるのだという。日本は各種インフラが整備されているため年配者にも負担にならず、治安が良いため子ども連れでも安心して旅行を楽しむことができ、世代を問わず魅力に感じる要素があると指摘している。





また、「飛行機で3時間ほどで行ける距離」であることや、「中国と文化的に近い」ことも日本旅行のメリットとして挙げており、中国から日本に渡った文化や建築、美術の要素を楽しむことができるとした。さらに日本では都市や観光地にかかわらず、どこへ行っても良いサービスを期待できるし、清潔であり、食事の面でも日本の食べ物は中国のように残留農薬や衛生面の心配がないという安心感もあるとのことだ。

さらに記事は、日本は親子旅行に適していると言われるのは「テーマパークなどの子ども向け施設があるだけでなく、子どもに対して親切で、思いやりのある設備が至る所に見られるため」だと主張。授乳室やおむつ交換用の台、子ども用のトイレなどが各所にあることは、子連れの親にはありがたい配慮と言えるだろう。他に言語の面でも漢字によってある程度意味が理解できることや、商業施設などでは中国語でのサービスが受けられる場合があることも中国人にとっては心強い点のようだ。中国人にとって初めての海外旅行であっても、気負わずに楽しめるたくさんの要素があることが日本の人気が高い理由らしい。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国メディアの今日頭条は、日本のメディアが「中国当局が日本へのツアー旅行に対して制限を行うよう旅行代理店に通達した」と報じたことで、「日本が出国税の課税を考え出したことが原因なのか」と伝えている。2016年に日本を訪れた外国人のうち、中国人は約4割を占め、中国人の1人当たりの消費額が約23万円であったことを伝え、日本経済が振るわないなかで中国人旅行客の数が減少すれば、日本経済にとっては大きな痛手となるとした。

日本への旅行を考えている中国人に対して、「個人旅行については制限されていない」ため、そこまで心配する必要はないという。とはいえ、日本を訪れる外国人旅行客が年々増加しており、16年は過去最高となる2403万人に達した。日本政府はすでに出国税の導入に向けて有識者会議を開催しており、日本から出国する人は日本人も含めて出国税が徴収される可能性が浮上している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月27日 11:52 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp