韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  深刻な販売不振・・・韓国車が大打撃を受けている3つの理由

深刻な販売不振・・・韓国車が大打撃を受けている3つの理由

韓国の高高度防衛ミサイル「THAAD(サード)」の配備をめぐって中韓両国の関係が悪化したことを背景に、中国国内では韓国製品の売れ行きが鈍っている。韓国車の販売も大きな打撃を受けており、「激減」という表現が適切なほどだ。

中国メディアの今日頭条は19日、中国自動車市場における韓国車の販売が50%近くも落ち込んでいると伝えつつ、韓国車が販売不振に陥っている真の原因について考察している。

まず記事は、韓国の2大メーカーである現代自動車と起亜自動車の8月における販売台数が7万6010台と、前年同月の12万4116台の61%ほどの水準にまで落ち込んだことを伝え、1ー8月の累計販売台数も2社のメーカーを合わせても57万6974台となり、前年同期比44.7%の減少となったことを紹介した。





では、韓国車の販売が不振に陥った原因はどこにあるのだろうか。記事は、政治的な理由以外に3つ挙げている。1つ目は「市場の環境」を挙げ、THAAD問題をめぐって中国人消費者が韓国車の買い控えを行っていると主張し、2010年にも中国で日系車の販売が落ち込んだ時と同じ要因であることを指摘、「韓国車は当時、その恩恵を受け販売数を伸ばすことが出来た」と指摘した。

2つ目は「中国メーカーが競争力を付けてきた」ことを挙げた。近年、中国メーカーは様々な車種の自動車を合弁車より安い価格帯で販売しているが、品質の向上が著しいと指摘。中国車の競争力向上は「韓国車に限らず、多くの合弁メーカーにとって脅威となっている」とした。また3つ目として「韓国車には特筆すべき強みがない」と主張した。ドイツの高級車は高い品質と操作性、米国車は強い馬力、日系車は燃費性能の高さと、それぞれに強みがあるとしながらも、「韓国車は見た目と価格しか強みがなく、消費者に訴えかける魅力としては、他の合弁車に見劣りしてしまう」と論じた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
2013年度の中国における販売台数は、で韓国系が157万台。 2016年度で179万台となる。その倍が日系となる。と考えると今年は韓国系は57万台ですからね。日系はすでに265万台と4.6倍もの差となった。この状態だと韓国系は85万台程度しか売れないことになる。2013年度のざっくり半分であるから、深刻だろう。

アメリカ自動車販売では、2012年度が日系534万台 韓国系は126万台。 2016年度で日系625万台 韓国系は142万台となる。2017年度の8月までで日系は415万台 韓国系は86万台であるから、2012年度レベルとなりそうだ。

韓米FTA効果としては大した伸びではないこともわかる。トランプは大騒ぎだが、現代自は厳しい状況に上乗せとなりそうだが…。
他の世界企業が伸びているだけに 現代自の低迷が目立つが、実力からすればTHAAD報復と言うが、実は実力値と言える。従って問題は別にある。品質・サービス・他を見直すことである。中国政府が韓国車に報復を本格化すれば、こんな台数ではないだろう。もっと低下するはずである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月27日 17:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
どういう売り方で
現代自動車のピークは2011年ころで、
そのころ言われていた現代の強み:

商品企画力、低価格、耐久品質、意思決定スピード、デザイン、

これがおかしくなったのは海外生産にシフトしてから。
以前言われた「強み」が全滅した。
しかも本人がまだ気付かない。いまだにドイツ人デザイナーを
採用する。
中国市場は供給過剰で、どこも値引き販売だから、現代の
「低価格」は武器にならないようだ。全体では増収減益の
ようだが、中国では減収減益でしょう。この販売不振は
業績をあきらめて、値引きを抑えているのではないか。
[ 2017/09/27 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp