韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKハイニックス、東芝買収に4兆ウォンを投資

SKハイニックス、東芝買収に4兆ウォンを投資

SKハイニックスが27日、取締役会を開いて日本の東芝メモリへの投資を議決したことを受け、買収金額や条件などが公開された。SKハイニックスが属する「韓米日連合」の買収金額は2兆円(約20兆ウォン)で、このうちSKハイニックスの投資額は3950億円(約4兆ウォン)となっている。

韓米日連合には、米ベインキャピタル、アップル、キングストン、シーゲイト、デルなどが参加する。議決権の持分は、韓米日連合が49.9%、東芝(東芝メモリの親会社)が40.2%、日本機器メーカー「HOYA」が9.9%を所有する。SKハイニックスは、総投資額のうち1290億円は転換社債の形で投資した。今後の転換の手続きを経て、持分を15%にまで確保できるようになった。残りの金額は、ベインキャピタルが造成するファンドにファンド出資者として投資し、東芝メモリの上場時は利益も予想される。アップル、キングストン、シーゲイト、デルなどは社債型優先株の形で投資する。





韓米日連合側は早急に東芝と株式売買契約を交わして、来年3月まで買収を完了する方針だ。SKハイニックス側は、「今回の投資により、ナンド型フラッシュ分野で先制的優位を確保するなど、企業競争力を高めることができると期待している」とし、「多国籍企業とコンソーシアムを立ち上げて、彼らと協力に向けた足掛かりができたことも大きな意味だ」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
SKハイニックス側は、「今回の投資により、ナンド型フラッシュ分野で先制的優位を確保するなど、企業競争力を高めることができると期待している」としているならば、東芝は先を見た設備投資においてSKハイニックスを利用することである。今のナンド型フラッシュは次の微細化時代に突入し、設備が変わる。SKも同時にその時に設備を統一する可能性もあるが莫大で対応できるかは不明だ。しかし東芝が先に製造技術を確立すればSKはそれに対応せざる負えないのも事実。

なぜならSKハイニックスはまだ製造技術が確立できていないわけで、歩留まりが悪いことがナンド型フラッシュメモリー市場で品不足を招いている要因でもある。一方でサムスンは過剰在庫で調整中だ。しかし次の微細化技術での積層は高い製造技術を必要とする。さらに自動運転や安全面で技術が進む自動車におけるナンド型フラッシュも活発となるだけに重要である。シェアを握るほどに受注を増えるが、ライセンスが他社では、大量受注で製造原価を下げるしか道はない。 東芝は資金面でSKハイニックスを大いに利用することである。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月28日 10:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp