韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本車がほぼ独占状態のタイ自動車市場

日本車がほぼ独占状態のタイ自動車市場

近年、海外旅行を楽しむ中国人が増えており、日本のほかにはタイが人気の渡航先となっている。そしてタイを訪れた中国人旅行客は、タイ国内では中国以上に「日本車」が幅を利かせていることに驚くのだという。

中国メディアの今日頭条はこのほど、タイを訪れた中国人旅行客の見解として「タイで見かけた車のほとんどが日本車で、特にトヨタが多かった」と記述する記事を掲載し、タイの自動車市場でいかに日本車が普及しているかを紹介している。

記事は、中国人がタイを訪れると「中国がいかに発展しているか」を認識することができ、中国人としては誇らしい気持ちになると紹介。一方で、中国人がタイで驚くのは日本車の普及度合いで、たとえばパトカーはトヨタ・カムリが採用されていたほか、街中を走る色鮮やかなタクシーはトヨタ・カローラだったと指摘した。




さらに、タイには自国の自動車メーカーがないため、外資を積極的に受け入れてきたことを伝えつつ、そのタイで大きなシェアを獲得したのが日本車メーカーであり、トヨタであると紹介、「タイの街中で適当に写真を撮影しても、写っているのはトヨタばかり」であると伝え、「日本車メーカーはタイ市場をほぼ独占している状況にあった」と驚きを示した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「タイだけじゃないぞ。東南アジア諸国はどこも日本車だらけだった」、「東南アジアの人びとは中国人のように日本を恨んでいないからな。日本製品の人気は高い」といった意見が寄せられていた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
タイの経済発展の中心となっているのが首都バンコク。都心にはビルが立ち並び、街は活気にあふれています。クルマを中心としたモータリゼーションも例外ではなく、バンコク市内とその周辺はクルマだらけである。バンコク市内で真っ先に気づくのが激しい渋滞。特にラッシュアワーと言われる6~8時、17~19時は半端ではなく、誰にとっても避けて通れない。一方で、自分のクルマを持つことは多くの人たちの夢で、クルマは自分の身分と身元を表すものと思われている。

これによりタイ国内の自動車販売は継続的に成長。日本やアメリカ、ヨーロッパと同じタイミングで新型車は市場に投入されている。また、モーターショーやモーターエキスポなど、大規模なイベントも定期的に開催されており、販売促進に大きく貢献している。タイ国内の多くの都市では工業や農業が盛ん。そのため多くの人が初めてのクルマとして購入するのがピックアップトラックとなる。 タイの自動車販売台数を見ると、乗用車30万台、商用車50万台規模となる。その大半は日本企業が占める。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月29日 11:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL