韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池都知事率いる「希望の党」に全く希望が見えないワケ

小池都知事率いる「希望の党」に全く希望が見えないワケ

安倍総理が衆議院の解散を表明するやいなや、25日、小池百合子東京都知事が新党「希望の党」の立ち上げを発表した。そして、驚くことに、野党第一党である民進党が希望の党への事実上の合流を一方的に決めた。有権者にとって新しい選択肢が増えることは望ましいことかもしれないが、「改革保守」という抽象的な理念と「日本をリセットする」というふわふわとした目的を掲げ、現職議員が寄せ集まった新党に、果たして希望はあるのか。(政治ジャーナリスト 黒瀬徹一)

「希望の党」立ち上げの際に小池都知事の言葉を聞いた時、《どこかで聞いたことがあるな》と感じた。かつて大阪維新の会が国政に進出する際に掲げた「グレート・リセット」という言葉に酷似している。 リセットだけではない。その他にも「しがらみのない政治」など、どこかで聞いたことのある“使い古された言葉”のオンパレードだった。正直、小池都知事が何をしたいのか、よくわからない。何のために国政に関与するのか。





国政に勢力を持つことは「都政運営にもプラス」という意見もあるが、国政で与党になるならともかく、少数政党を国政に保持したところで、あまり意味がない。日本維新の会の歴史から見ても明らかなように、地方政治が国政の政局に左右されてしまい、むしろ都政の運営が困難になるだろう。 例えば、2020年に控える東京オリンピック・パラリンピックの準備を円滑に進めるためには、政府との協調は欠かせない。新党を立ち上げたところで、国政で勝てる議員の数は限定的である。下手に少数政党を作っても、自民党からの“裏切り者”と一緒に選挙をかき乱せば、当然自民党・公明党との間に禍根を残してしまうだろう。

都議会でも小池都知事の動きへの苦言が相次いだ。それはそうだ。都議選の後、「知事職に専念する」として都民ファーストの会の代表を退いたにもかかわらず、舌の根も乾かぬうちに、今度は「国政政党の代表をやる」と言い出したのだから。端から見れば、単に小池人気を背景にした政治屋たちの「議席とりゲーム」にしか見えない。もしくは、「実は、現職の衆議院議員の中に倒したい敵がいる」など、表に出せない裏目的でもあるのだろうか、と勘ぐってしまう。
(略)
https://www.msn.com/

【管理人 補足記事&コメント】
小池氏も都政で組織改革を実施し、野党の不甲斐なさから民進党が自滅し、安倍総理の衆院解散をみて、最後のチャンスで勝負に出たわけだろう。現実は都政においても問題は山積みである。一方で、年齢的にも都知事を全うしてからでは遅いのも事実。自身の野望もあるだろう。この勢いでと考えるのも理解はできるが、政権交代と言うのは夢となる。野党のあるべき姿としての改革と言う意味では、可能性はあるが、小池氏の野望とは食い違うのではないか…。

ただし、民進党の役立たずを排除して、野党改変から実施しないと、野党のあるべきチェック機能を正常にするのは難しい。単に安倍総理おろしで張り切ったところでメリットはない。日本をリセットするのには、自民党も改変し、希望の党に引き込み、政権交代を担う組織作りが出来なければ無理となる。都知事の仕事が中途半端では、国政など無理だろう。人気は認めるが何を実施したいのかを掲げないと希望が見えないのではないか…。

本来、安倍総理にしても大臣の言動にしても、人間性を問題視することが多すぎる。本来の業務はより良いシステムつくりと、よりよい税金の使い方が仕事であるから、そのために何を実施するのか、各省庁を民営化し、他企業と連携し、何らかの方法で収益を得る事で、各省庁が実施すべきことへの補てんとし、税収不足を解消する等など…。大改革を大政策として掲げてほしいものであるが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月29日 12:53 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp