韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓中通貨スワップ結局終了?

韓中通貨スワップ結局終了?

来月10日に満期を控えた韓国と中国間の通貨スワップを延長するかどうかがまだ不透明だ。 秋夕連休によって、満期前まで営業日数がない韓国としては、9月末に中国から確答を受けなければならないが、中国側で反応しないことが分かった。29日、外為当局などによると、韓国銀行を主軸に、来月10日満期の中国との通貨スワップを延長するかどうかを検討中だ。

しかし、まだ実務者レベルの協議も完了していないため、満期前まで延長するかどうかを確信しにくい状況だ。中国側からサード配置をめぐって韓中間の政治的対立が激しく、通貨スワップ問題に対して積極的な交渉に乗り出さない様だ。

韓国銀行の関係者は「中国と実務者級協議を引き続き進行中」とし、「進行状況は言い難い」と話した。韓国銀行によると、中国との通貨スワップは3600億人民元(約560億ドル)に達した。 これは、韓国が現在、結んでいる通貨スワップの全体規模の45.8%、自国通貨(LC)スワップの67%で最も多い。 したがって、韓中通貨スワップの満期延長が霧散すると、通貨危機の際に活用できる外貨資金が約半分なくなる。





もちろん、韓国の外貨準備高は8月末現在3848億ドルで、毎月、史上最高値を更新している。為替当局が中国との通貨スワップが決裂しても、韓国の外貨支払いには問題がないと説明する。 しかし、専門家は、北朝鮮の核脅威など地政学的リスクが浮き彫りにされ、危機状況が高まる状況で、金融危機が再び見舞われば、現保有資金では危機を克服するのは難しいと診断した。
http://v.media.daum.net/

【管理人 補足記事&コメント】
記事では、中国との通貨スワップは、外貨確保だけでなく、ドル需要を減らし、対外的安全網を拡充するのにも重要だとしている。決済通貨をドルで円や人民元、ユーロなどで多角化すれば、通貨危機が発生しても相対的に衝撃が少ない。中国と韓国が人民元とウォン建てで決済すれば、ドル需要が大幅に減少するとし、「ドルの依存度を減らす事が出来るスワップが必要だ」としている。

韓国の場合は差し迫った状態だ。まして、韓国の外貨準備高は流動性のある金はおよそ20%レベルではと言われている。一方で通貨危機の発生するタイミングが鈍化で、少し伸びている様だ。本格的な世界経済不況はこれからであると考えれば、韓国はアメリカに土下座するしかない。アメリカにとって得がない韓国とはスワップは結ばないだろうが、過去を見れば成功した事例もあるわけで、韓国の態度対応次第かも…、今の損得計算で動くトランプでは無理だろうが、文大統領にはさほど時間はない。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月29日 17:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国がシカト
通貨スワップというのは、2つパターンがあって、
(1)は安定な方が不安定な方を援助する意味、
(2)は外交関係の友好度合いの証明。
今の中韓関係では(1)も(2)もないから、消滅でしょう。

8月の中銀総裁会議など助走機会はあったが、例によって
韓国側が対等姿勢で切り出して、中国がシカトではないか。
日韓のとき、麻生大臣は「頼まれなきゃやんないよ」だったが、
今の中国は「頼まれてもやらないよ」だと思われる。
[ 2017/09/30 01:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp