韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  小池百合子都知事、「自分が首相になれると判断したら出てくる」

小池百合子都知事、「自分が首相になれると判断したら出てくる」

10月10日公示-22日投開票の日程で行われる衆院選は、新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事の国政復帰の有無が最大の関心となっている。小池氏は29日も重ねて不出馬を宣言したが、額面通り受け止める向きはない。小池氏が安倍晋三首相に対抗する首相候補として出馬しない限り、政権交代の機運が高まらないからだ。しかし、都知事の任期途中の出馬は「都政投げ出し」の批判を浴びる。小池氏は世論の動向を慎重に見極めている。(沢田大典)

「出馬しません。前から言ってるじゃないですか。どうしたいんですか?」

小池氏は29日朝、衆院選出馬の有無を繰り返し尋ねる記者団に、いらだった様子でこう語った。それでも出馬説が消えないのは、小池氏が「政権選択選挙」と発言し、かつ首相候補を提示できていないからだ。小池氏は29日の記者会見で首相候補不在を問われ「重要な要素であるということに鑑み、お答えは差し控える」と述べるにとどめた。




首相候補として細野豪志元環境相は民進党色が強すぎる。小池氏側近の若狭勝前衆院議員は当選2回だ。昨年の都知事選で小池氏を支援した野田聖子総務相さえ、29日の記者会見で「誰が首相指名されるのか分からない」と述べた。 一方、小池氏の出馬宣言は時期尚早との指摘もある。今以上に小池氏出馬への待望論と挑発が盛り上がるのを待っているのではないか、との見方だ。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
産経ニュースでは、与党の小池氏に対する挑発も盛んだとし、菅義偉官房長官は29日の記者会見で「私は出てくると思っている」と述べ、自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長も「小池さん、出てきましょうよ」と呼びかけたが、これこそ小池氏の狙い通りといえそうだと報じている。突然の自身の代表就任、民進党「解党」に続き、菅直人、野田佳彦両元首相らを排除する「民進党仕分け」は順調に進んでいるとした。

野党を結束し、衆院選で大勝利となれば、政権交代もありうる。だが日本は政権交代であれだけ論外な連中により日本を奈落の底に落としたわけで、二の舞は踏まないだろう。小池人気だけで、それ以外に有能な人材が見えてこない。ここに小池劇場の限界がある。自民党も割れて、小池新党が良き人材だけ吸収するならば別だが…。都政の組織改革は出来ても国政となると無理難題となる。東京都議の組織改革は実施したが、都知事として都民が納得出来る結果を残したのかと言うと…、結果は何もない。

がしかし小池氏のチャンスは今回だけである。もともと国政の人材であるから、都政を踏み台にして、最後の良きチャンスとなれば、動かざる負えないのも事実。しかし国を動かすには、一応選別した人材とはいえ、能力と経験不足に加えて塾を開いた程度で何かできる人材が育つわけではない。それほど国民は甘くない。 自民党のわきが甘いのは事実。とはいえ政治を前に進ませるために何をしたいのかが見えてこないのでは困りごとだが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年09月30日 12:59 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL