韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  米国務長官「北朝鮮と直接対話する」

米国務長官「北朝鮮と直接対話する」

レックス・ティラーソン米国務長官が初めて北朝鮮との直接対話接触を認めた。国連総会での暴言争いで最高に達した米朝間緊張が対話局面に転換されるかどうかに国際社会の関心が集まっている。

ティラーソン長官は先月30日、中国北京で習近平中国国家主席と会談した後、記者会見で「北朝鮮と2~3つの情報の疎通ラインを開けておいた。『ブラックアウト』のような暗たんとした状況ではない」と明らかにした。また「(北朝鮮の対話意志を)調査している。見守ってほしい」とし「我々は(北朝鮮に)『対話をしたいのか』と聞いている。我々は彼ら(北朝鮮)と(中国の仲裁でない)直接的に対話する」と強調した。

米政府の高位関係者が米朝間水面下で疎通ラインが動いていることを明示的に認め、公開したのは初めてだ。ドナルド・トランプ大統領が11月3~14日両日間、韓日中の歴訪を控えており、北核政局の転換の可能性を見せた象徴的な発言だと分析できる。




ティラーソン長官は「全体的な状況は多少過熱している」とし「北朝鮮がミサイル発射をやめれば、状況が大幅に落ち着くだろう」ともした。習主席はティラーソン長官との面談で「中国はトランプ大統領の国賓訪問を非常に重視している。今回の訪問が成功的で特別な訪問になることができるように両国が協力しなければならない」としてトランプ大統領の訪中に期待を寄せている。

ティラーソン長官の異例的な「北朝鮮接触」発言は意味がある発言だと言える。その理由は、この日の発言が習主席との面談直後に出たものということからだ。つまり、米中が韓半島(朝鮮半島)の緊張を落ち着かせる必要性に共感したと見られる。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
トランプ米大統領は1日、核・ミサイル問題を巡り北朝鮮側と直接接触していると公言したティラーソン米国務長官に「時間の無駄だと伝えた」とツイッターに投稿し、現時点での北朝鮮との交渉に否定的な考えを示した。米政府は「やるべき事をする」と伝えたとも表明。詳細には言及していないが、軍事力行使も辞さない姿勢を示唆することで、改めて北朝鮮を警告する狙いがあるとみられると日本経済新聞は報じている。

一方でロイター通信は、中国を訪問しているティラーソン米国務長官は30日、核問題を巡り北朝鮮と直接接触していることを明らかにしたと報じている。北京で記者団に述べた。長官は、意思疎通は直接的に行われており、チャンネルは2、3ある、と表明。「われわれは暗闇の中にいるわけではない」と強調した。またティラーソン長官の発言を受けて、米国務省は、北朝鮮が対話に関心を持っている兆しはないと説明。同省報道官は声明で「北朝鮮の当局者は、非核化協議への興味や用意を示していない」としている。

「北朝鮮を巡る現状を中国のせいにはしない。責任は北朝鮮にある」と述べる一方、「中国は北朝鮮と経済面で唯一無二の関係を持っている」と指摘。今後も、核ミサイル開発放棄に向けた中国の影響力行使に期待する考えを示した。北朝鮮の挑発行動に歯止めがかからず、経済制裁による圧力強化の手法に手詰まり感が漂うなか、米国内の論調は「対話」と「軍事行動」への二極化が進んでいる。軍事行動は、結果として朝鮮半島崩壊を表すわけで、最後は対話であっけなく決まったとしても、約束を守らない朝鮮人である。 現実はアメリカよりも、日本への脅威は変わりがない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月02日 10:09 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL