韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  世界競争力ランキングの「鉄道品質」項目で日本が首位から転落

世界競争力ランキングの「鉄道品質」項目で日本が首位から転落

世界経済フォーラムは27日、世界の137の国と地域を対象とした「世界競争力報告」の2017年版を発表した。中国の順位は前年に比べて1つ上昇し、27位となったほか、日本は前年の8位から1つ後退して9位となった。

世界競争力報告は、12の分野で世界の国・地域と地域の競争力をランキングするものだ。中国メディアの今日頭条は29日、中国は市場規模やマクロ経済環境、イノベーション力といった点で高く評価され、前年より順位を上げたことを指摘する一方、日本はトップ10入りしたものの、順位を下げたことを指摘した。

世界競争力報告によれば、1位は9年連続でスイスとなったほか、米国は前年の3位から2位に順位を上げた。また、香港は前年の9位から6位まで順位を上げ、一気に日本を追い抜いた。




これについて記事は「日本は2年連続で順位を下げた」と伝え、その背後には「鉄道の品質」や「産学連携」、「活躍する科学者やエンジニア」といった項目での順位下落があると指摘。日本の「鉄道の質」がスイスに抜かれて首位から2位に転落したことに対しては「日本がインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画を中国に奪われたように、日本の鉄道産業は近年、中国によって追い上げられている」と考察した。

続けて、世界経済フォーラムのデイビット・エイクマン大中華圏首席代表は、「中国の技術開発およびその運用、人材育成における情熱と行動力は眼を見張るものがある」と述べたことを紹介。また、中国は世界競争力報告のほぼ全ての項目で成長、進歩が見られたと伝え、中国の競争力が着実に高まっていることを強調している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
「マクロ経済環境」が前年の104位から93位へと改善した一方で「健康・初等教育」は5位から7位へと悪化した。アジア勢ではインドネシアとベトナムが大幅に順位を上げた。日本はインフラや保健に関する項目で評価が高い一方、巨額の公的債務が重荷になる構図に変わりはない。今年は「鉄道の品質」が首位から2位に転落するなど、上位にとどまりながらも順位を下げる項目が目立った。技術革新に関する項目でも「産学連携」は18位から23位に、「活動できる科学者やエンジニア」は3位から8位に下げた。

地域別では、北米を最も競争力のある地域の一つとし、中南米も過去10年、伸び続けているとした。東アジア・太平洋地域は競争力を上昇させつつあり、香港が9位から6位に躍進。中国本土も順位を一つ上げ27位となった。しかし、日本など先進国の生産性が低下している兆候があり、技術革新を進める必要があるとした。世界経済フォーラムは各国の政官財の指導者が集まる年次総会「ダボス会議」の主催団体として知られる。競争力報告は1979年から発表しており、日本は評価基準が現在のものになった2005年以降では6位が最高。1980年代後半から90年代前半には1位だったこともある。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月02日 10:32 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL