韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  中国報道…交通事故が少ない日本に驚きが隠せない

中国報道…交通事故が少ない日本に驚きが隠せない

広大な国土を持つ中国では、一般的に道路の幅は日本より広い場合が多く、幹線道路ともなると4ー5車線ほどある場合もある。また、中国は近年、自動車の普及が進んでおり、自動車保有台数も伸びているが、その背後では自動車事故も増加している。

日本を訪れる中国人からすると、日本国内で自動車事故を見かける機会はほとんどなく、自動車も多く、道路も狭い日本で「事故が少ないのは不思議」に思えるという。

中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は道も狭くて自動車も多いのだから、本来は事故が多くて当たり前なのに「実際は交通事故によって死亡する人の数も少なく、事故そのものも少ない」と伝え、その理由について考察している。





警察庁によれば、2016年に交通事故で死亡した人の数は3904人だった。中国の人口は日本の10倍以上に達するが、中国では年間10万人以上が交通事故で死亡しているという指摘があり、人口の比率を考慮しても中国のほうが交通事故で死亡する人が多いことがわかる。

記事は、日本で交通事故および死亡者数が少ないのは、日本人が「譲り合い」の精神と「ルール遵守」の意識を持っているためではないかと考察し、これは「車もバイクも歩行者も勝手気ままな中国と正反対」だと指摘。日本人の路上におけるルール遵守は「他者の命をそれだけ尊重していることを示す行動」であるとし、日本の交通事故死者数の少なさは「中国を含め、多くの国を驚かせている」と伝えている。
http://www.msn.com/

【管理人 補足記事&コメント】
交通事故死率の高い国 Top10

第1位 ニウエ……交通事故死率:68.3
第2位 ドミニカ共和国……交通事故死率:41.7
第3位 タイ王国……交通事故死率:38.1
第4位 ベネズエラ……交通事故死率:37.2
第5位 イラン……交通事故死率:34.1
第6位 ナイジェリア……交通事故死率:33.7
第7位 南アフリカ共和国……交通事故死率:31.9
第8位 イラク……交通事故死率:31.5
第9位 ギニアビサウ……交通事故死率:31.2
第10位 オマーン……交通事故死率:30.4
このデータは人口10万人当たりの概算交通事故死率の比較です。

ニウエは、ニュージーランドの東にある島で、人口わずか1,465人の小さな国だが、交通死亡事故がわずか「1件」発生しても、人口10万人当たりに直すと世界一になってしまう。ちなみに日本は「交通事故死率:5.2」で、182カ国中で第163位。下から数えた方がずっと早い、交通事故死率のとても低い国と言える。

「交通事故死」件数の多い国 Top10

第1位 インド……13万37件
第2位 中国……7万134件
第3位 ブラジル…… 3万6,499件
第4位 アメリカ……3万2,885件
第5位 インドネシア……3万1,234件
第6位 ロシア……2万6,567件
第7位 イラン……2万3,249件
第8位 メキシコ…… 1万7,301件
第9位 南アフリカ共和国……1万4,804件
第10位 タイ王国……1万3,365件

交通事故死の件数では、「インド」「中国」「ブラジル」と、やはり人口の多い国がTop3を占めた。特に中国、インドはこれからも自動車の普及が進むと、件数もさらに増える事になる。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月02日 17:51 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp