韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  国内より海外旅行を好む韓国人 最も行きたい国は日本

国内より海外旅行を好む韓国人 最も行きたい国は日本

韓国文化観光研究院は1日、韓国人が海外旅行を好む割合は50.7%と国内旅行(49.3%)より高かったとの分析結果を公表した。 2016年に全国の2467世帯、満15歳以上の6309人を対象に行われた「国民旅行実態調査」を分析した。 海外旅行に行きたい理由(複数回答)としては「異国的な景観・観光資源」が73.1%と最も高く、「海外にあまり行ったことがないから」(44.5%)が続いた。

「海外旅行自体に意味があり、興味深いから」は24.3%、「海外はレジャーが多彩だから」が23.7%、「訪問してみたい国や都市があるから」は21.4%、「国内旅行と費用があまり変わらないから」は10.2%という結果だった。 最も行きたい海外旅行地は日本(15.2%)が筆頭に挙がり、次いで米国(9.7%)、中国(9.0%)、フランス(8.3%)スイス(7.3%)と続いた。 若者層になるほど、海外旅行を好むことも分かった。




海外旅行への関心度が最も高い年齢層は20代(68.7%)だった。30代は59.9%、15~19歳は53.6%、40代は53.4%だった。 国内旅行を選んだ理由としては「国内に行ったことがない場所が多いから」が75.1%で最も多かった。

「海外旅行に行く時間的余裕がないから」(29.9%)、「海外旅行より国内旅行の費用が安いから」(16.6%)、「行きたい観光地がないから」(14.2%)、「個人の特殊な状況のため」(8.2%)、「海外は言語が通じないから」(3.7%)、「海外でのテロ・事件・事故のため」(3.1%)などの理由も上がった。 旅行に行きたくない国内の観光地としては済州(42.4%)が最も多く、次いで江原(22.1%)、慶尚北道(7.7%)、全羅南道(7.0%)、釜山(6.0%)の順となった。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースは今年2月、旅行検索サイトのスカイスキャナーが発表したオンラインアンケートの結果によると、満19歳以上の韓国人ユーザー1668人のうち、今年海外旅行の計画があると答えた人は92%だった。このうち、最も行きたい国・地域として日本を挙げた人が20%で最多を占め、次いで米国とタイ(各9%)、台湾とスペイン(各7%)の順だったと報じている。

2015年での日本人海外旅行者に、「行きたい国」「行きたくない国」について調査した結果がある。
http://news.livedoor.com/

■進んで旅行に行きたいと思う国 Top5
第1位 アメリカ......23人(9.0%)
第2位 イタリア......22人(8.6%)
同2位 フランス......22人(8.6%)
第4位 スペイン......17人(6.7%)
第5位 ドイツ......13人(5.1%)
参考:ハワイ......16人(6.3%)

■お金をもらっても行きたくない国 Top5
第1位 中国......115人(38.2%)
第2位 韓国......51人(16.9%)
第3位 北朝鮮......34人(11.3%)
第4位 イラク......14人(4.7%)
第5位 シリア......13人(4.3%)
1位は「中国」。大気汚染が深刻という事が理由の様だ。2位は「韓国」で、日韓でいろいろな軋轢が表面化していることが理由であるとした。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月03日 09:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL