韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国でiPhone8発売当日に大量の返品が発生?

中国でiPhone8発売当日に大量の返品が発生?

2017年9月23日、中国のポータルサイト・今日頭条に、中国でiPhone8発売当日に大量の返品が発生したと伝える記事が掲載された。 9月22日に正式に発売を開始したアップルのiPhone8。しかし、中国でのネット販売は振るわず、店舗でも来客者は非常に少なかったという。

中国のネット上では、大手宅配会社の順豊の配送センターにiPhone8が山積みになっている写真が掲載されたが、アップ主によるとこれらはすべて返品されたものだという。 その理由について記事は、「値段の高さではない」と強調。iPhone8の定価が5888元(約10万円)、iPhone8Plusが6688元(約11万3500円)で、中国人が好む8を並べた値段は、決して受け入れられないほど高くはないという。

スポンサードリンク



ではなぜ大量の返品が発生したのか?それは、例えば非正規ルートで販売する深セン市の華強北などの電脳街では、発売開始前から値崩れしており、販売開始の前日には正規価格より100元(約1700円)以上安い値段がついていたためだという。そのため、正規ルートで予約していた顧客が軒並み返品したということだ。

なお、iPhone8については中国メディア・中国新聞網も、「発売初日は不調」と伝え、「店の前に並ぶ人は少なく、最終的には(行列のために設置された)柵も撤去された」などと伝えている。中華スマホのファーウェイ(華為)が安価で性能の高い製品を打ち出していることもあり、中国でのiPhone人気は下降気味のようだ。
http://www.recordchina.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
中国メディアは、オンラインで予約できるため、発売日恒例のファンによる行列もできなかった。アップルストアを訪れる客の多くは、iPhone 8を手に取ってはみるものの、購入する人は少ないと報じている。購入した人は「プレゼント用に買っただけで、自分用に買うつもりはない」とし、「狙っているのはiPhone Xだ」と話している。アップルストアの店外にいる転売業者も「次に出てくるiPhone Xには期待しているが、今回のiPhone 8は扱わない」と話す。購入者が少ないため在庫が豊富で、ネットでも簡単に予約できることから、転売業者がもうけを生み出す余地はないようだ。

米アップルのスマートフォン「iPhone」の新型モデル発売日には毎年、販売店の前に長い行列ができるものの、今年は店付近の人もまばらで、行列はできていなかったとし、各店は前もって設置しておいた誘導用の柵を早々に撤去していたと北京青年報も報じている。一方でiPhone8プラスのバッテリー膨張ニュースはその後更新されていないようだ。iPhoneのバッテリー問題は新機種発売とともに数件必ず発生し掲載されるが、自然消滅してきた。 今回どうなるのかは関心ごとだが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月03日 12:24 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp