韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  油田は持っているけれど…「中国の石油備蓄は日本を遥かに下回る」

油田は持っているけれど…「中国の石油備蓄は日本を遥かに下回る」

石油は国の経済や国民の暮らしを支える重要な資源であり、国にとっても安全保障を左右する資源の1つだ。そのため、各国は一定量の石油を常に備蓄しているのだが、石油天然ガス・金属鉱物資源機構によれば、日本の石油備蓄量は、国家備蓄として約4734万kl、民間備蓄として約3130万klとなっている。中国メディアの今日頭条は28日、日本の石油備蓄の量は世界有数の規模であると伝え、中国も近年は石油備蓄を増やしているものの、日本の規模には達していないと伝えている。

記事は、世界では「石油備蓄は国内消費量の90日分」以上とすることが一般的であり、戦争など想定外のことが発生し、石油の調達が困難になっても90日分の備蓄があれば国のエネルギー安全保障はある程度確保されると紹介。そして、日本の石油備蓄の規模は世界有数であり、仮に石油の輸入が完全にストップしてしまった場合でも、約200日は持ちこたえることができることを強調した。





一方、中国は石油の輸入量が増加傾向にあるにもかかわらず、石油備蓄で日本に大きく劣っており、「30ー40日分の備蓄しかないという見方もある」ことを紹介。中国国内には大型油田が複数あり、埋蔵資源の量では日本を大きく上回っているとしながらも、「有事の際を想定した戦略的な石油備蓄という観点では、日本に大きく劣っているのが現状」であると指摘した。

日本国内にも油田は存在するが、産出量は国内使用量のうちのごくわずかに過ぎず、日本は使用する石油の99%以上を輸入に頼っている。しかも日本はかつてオイルショックを経験しており、戦略的に石油備蓄を行うのは当然のことだと言えよう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
現在中国で進んでいる石油備蓄設備第3期建設工事が2020年に完了する予定であり、それでようやくIEAの備蓄基準を満たすことのできるレベルに到達する。世界の確認石油備蓄量が1兆8000億バレルと推計した。現在の石油消費から計算すれば、世界の石油の可採年数は約46年分となるとしている。また、東南アジアにおいて、石油備蓄に関する法律が定められている日数は、シンガポール:90日分、タイ:30日分、ベトナム:30日分、カンボジアやミャンマーは石油備蓄に関する法律なし。

日本では、民間備蓄と国家備蓄の両方式で石油備蓄が行われている。前者は民間企業が石油流通の施設に在庫を多めに持つ方法で、原油と石油製品を石油タンクなどに備蓄し、随時入れ替えを行っている。後者は国が備蓄基地を建設し原油の形で封印保管するもので経済産業大臣の指示のあるときのみ出し入れを行う。2015年3月末現在は国家備蓄、民間備蓄を合わせて約8,070万kl、約197日分を備蓄している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月03日 12:57 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp