韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  世界経済の注目を集めるミャンマー、日本の影響力の大きさは「看過できない」

世界経済の注目を集めるミャンマー、日本の影響力の大きさは「看過できない」

ミャンマーは、民主化を契機に欧米からの経済制裁が解除となり、世界の注目が集まる有望市場となった。今後の発展が見込まれるうえ、中国やインド、タイに囲まれており、地政学的にも重要な国とみなされている。

中国は、ミャンマーの民主化前の軍事政権を支援してきたが、民主化にともなって、軍事政権時代に決まった中国支援のインフラ建設プロジェクトが中断となるなど、マイナスの影響も生じている。その中国から見ると、ミャンマーにおける日本の影響力は「看過できないもの」と映るようだ。

中国メディアの捜狐はこのほど、民主化を進めるミャンマーは周辺国ならびに世界から大きな注目を集める存在となったと伝えつつ、日本もミャンマーで影響力を拡大していると指摘、そしてその目的は、中国の影響力を削ぐことであると主張している。




記事は、中国社会科学院日本研究所の関係者の見解として「ミャンマーで2011年に民主化へ向けた新政権が誕生すると、日本とミャンマーの関係は明らかに改善した」と伝え、官民ともにミャンマーへの支援や投資を積極化していると紹介。軍事政権時代のミャンマーは欧米から経済制裁を受けていたため、投資や各種援助を中国に依存していたとする一方、経済制裁の解除をきっかけに日本との関係が深化し始めているとした。

続けて、日本とミャンマーは第二次世界大戦の当時から良好で、ミャンマー独立には日本と旧日本軍による支援があったと紹介。そのため、独立後も日本はミャンマーに様々な支援を提供し、良好な関係を維持してきたと伝え、それは1988年3月にクーデターが起きるまで続いたと指摘。経済制裁が解除されことで、日本とミャンマーの関係が再度深化しているのには、両国にそれだけの下地があったためだと論じた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
第2次世界大戦の間、日本軍は独立を求めるミャンマー(当時はビルマ)を占領し、多くのミャンマー人を虐殺した。ミャンマー人のほとんどは「過去は忘れ、今の日本は許している」と口をそろえる。ミャンマーの学校では、歴史の授業で戦争について「ミャンマーを占領していたイギリス軍を日本軍が追い出した。日本軍はミャンマーをそのまま占領したが、連合軍に負けたから引き上げた」と簡単な流れを教えるだけ。資料館に行って学ぶ機会は特にないという。またワンピースやハローキティといった日本のアニメやキャラクターが若者の間では大人気。心が落ち着くからと、生け花の文化が大好き、というミャンマー人もいる。

日本語能力試験(JLPT)には1年におよそ7000人のミャンマー人が受験している。MAJAが募集する日本人留学生の枠(20人)にも100人以上が応募してくる。トヨタなど日本車がミャンマーでは多く、エンジニア志望で日本に留学する人が一番多いという。外国人に対する心配り、おもてなしの気持ちは日本人以上。こうしたおおらかな国民性も「かつての戦争を許す」理由の根底にあるのだろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月03日 17:36 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL