韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  10月10日に満期を迎える韓中通貨スワップ、結局このまま延長なし?

10月10日に満期を迎える韓中通貨スワップ、結局このまま延長なし?

今月10日に満期を迎える韓国と中国の間の通貨スワップの延長はまだ不透明だ。特に、秋夕(チュソク、中秋)連休で満期前まで営業日がない韓国としては、9月末に中国から確答をもらわなければならなかったが結局中国側からは何の反応もなかったことが分かった。

韓国銀行によると、韓中通貨スワップは3600億人民元(約6兆840億円)に達する。これは韓国が現在結んでいる通貨スワップ全体規模の45.8%、自国通貨(LC)スワップの67%で最大だ。したがって韓中通貨スワップの満期延長が失敗に終わった場合、通貨危機の時に使える外貨資金が半減することになる。

先月29日、李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は記者団に対し「韓国も中国人民銀行も過度な関心は負担」とし「これまで協議を進めてきたが、双方ともにできるだけ早期に結論を出したいと思っている」と明らかにした。




対外経済政策研究院のユン・ドクリョン上級研究委員は「中国と韓国が人民元とウォンで決済すれば、ドル需要が大幅に減少する」としながら「ドルの依存度を減らすことができるため通貨スワップは必要」と述べた。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
日本の「対韓スワップ打ち切り」で、韓国は外貨調達の命綱を中国に託した。人民元経済圏作りを積極的に手伝うという、米国に対して刺激する対価を払った。韓国銀行は、「韓中両国は通貨スワップを結んでいる。外貨不足で困った時に融通し合う政府間の約束だ。今後はこれを“平時”にも発動し、韓中企業間の貿易決済に使うことで両国は合意した」と伝えていた。

従って人民元建てで値段を決めておき、人民元で支払えるようになる。韓国銀行が中国からスワップで人民元を借りてきて、それを輸入企業に貸し出す仕組みができた。反対に、中国企業が韓国から輸入する時は、中国人民銀行が韓国からスワップで借りて来たウォンを決済通貨に使う。 取引にドルを介在させないので、ドルの変動リスクを避けられるうえ、手数料も安くなると韓国銀行は説明している。

ところが、中国への支払いに相当な額の人民元を必要とする。それと同額のウォンを欲しがる人が同時にいないと取引が成り立たたない。結果、ある程度以上の人民元を入手するのは簡単ではないため、貿易決済はなかなかスムースに行かなかった。そこでこれまではドル建てで値段を決め、ウォン・ドル市場でウォンをドルに換えて決済に使っていた。ドルとウォンを換える市場は大きいので交換が容易。現在の中韓貿易の決済は95%がドル建てである。人民元は0.8%、ウォンに至っては0.04%に過ぎない。

ところが新方式なら、資金量の豊かなスワップ枠から、必要なだけ人民元をとり出せる。ちなみに中韓スワップの上限は3600億人民元あるいは64兆ウォンで、米ドルで換算すれば580億ドル規模となる。 この、スワップを利用した貿易決済を呼び水に人民元建て、あるいはウォン建ての取引を増やす。そうすれば人民元の国際化もウォンの国際化も進められる、と韓銀の担当者は語っている。ウォンの国際化はずいぶん前から進めてきた話だが、今回中国にスワップを打ち切られれば、通貨危機を起こしやすいウォンである。何とも心寂しい状態となり、韓国経済は風前の灯火だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月04日 17:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL