韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  THAAD配備で韓国を襲う「輸出依存」の経済成長を追求したツケ

THAAD配備で韓国を襲う「輸出依存」の経済成長を追求したツケ

米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」の韓国配備に対する、中国の報復が長期化している。韓国の商工会議所などは、2017年2月にロッテグループや化粧品・旅行業界を中心に、中国での経済被害が本格化した後も、THAAD配備に抗議することも、中国を批判することもなかった。下手に騒ぎ立て、中国の反発を招き、被害が大きくなるのを恐れたのだろう。(夕刊フジ)

もっとも、中国における韓国企業の経済被害は、とどまるところを知らずに膨らみ続けている。THAADに用地を提供したロッテグループは、中国国内の営業店に対する、当局の嫌がらせ行為(営業停止措置など)により、5000億ウォン(約490億円)の損失を被った。また、現代・起亜グループの中国における自動車販売は、それぞれ前年同期比64%減、同62%減と、大きく落ち込んだ。




被害は中国に在留する韓国人にも及んでいる。中国の韓国大使館は、中国国内の韓国人に対し「身の安全に注意する」ように呼び掛けた。実際、在中韓国人の犯罪被害件数は、15年が675件だったのに対し、16年は1332件と倍増した。現代経済研究院によると、THAADが韓国に配備された3月以降、中国における韓国企業の経済被害は、年末までに8兆5000億ウォン(約8346億円)に達するとのことである。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
主要な貿易相手国は、中国、米国、日本。 中国は貿易総額で第1位の貿易相手国。 2016年は約2,114億ドルで貿易額の約4分の1を占める。同年の対中輸出の割合は25.1%、対中輸入の割合は21.4%。 米国は貿易総額で第2位の貿易相手国。 2016年の貿易額は約1,097億ドル。物価上昇率は、2016年は1.0%。2015年は0.7%(原油安及び不景気の影響により、アジア通貨危機直後の1998年の0.8%を下回り過去最低を記録)。

サムスン電子と現代自動車の売上総額は、製造業の売上総額の約2割を占める(2013年)。財閥企業は部品、素材、生産機器を日本からの輸入に依存する構造のため、輸出増大とともに対日輸入が増え、対日貿易赤字が継続。雇用創出も見据えた新産業(科学技術、ICT)と中小企業の育成が課題だが、韓国はOECD加盟国の中でも各種規制が多く、ベンチャーや中小企業にとっては大きな負担。

上記環境下での中国依存の貿易構図から抜け出せずに、THAAD報復の経済圧力は大きく、ロッテなどは直撃を食らった。化粧品産業や旅行産業も軒並み減少となり、自動車産業まで減少し、半導体だけ好調と言う状況だ。貿易はウォン安に助けられているにもかかわらず、技術限界点で、中小企業を含めた全企業業績はふるわない。造船業は赤字受注となり、税金が底をつけば40%のゾンビ企業は倒産する。現在は政府が税金で補てんしている状態であるから、底をつくのも時間の問題となる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月05日 13:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL