韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人が日本を訪れる5つの理由

外国人が日本を訪れる5つの理由

「トイレの清掃では便器を見るのではなく便器に実際に座ってみる。お客様の視点でサービスを深く考える…ドアマンは到着したタクシーのメーター器からチェックする。空港から来たのか付近の地下鉄駅から来たのかを考えてこそ適切な言葉をかけることができる…クレジットカードを受ければカードに書かれた名前を確認して『○○○様、有難うございます』と話す…常に正しい姿勢で対応しながらお客様の動きを絶えず観察する。お客様を30秒以上待たせてはいけない…メニューを決めれば緊張が解けるので、ウェイターはお客様の後ろ姿からでもメニューを決めたかどうか判断できなければいけない」。

帝国ホテル、ニューオータニホテル、ホテルオークラで30年間勤務したホテリアーが紹介した日本のホテルの接待マナーだ。「おもてなし」と呼ばれる日本の「誠意を込めた接待」は外国人観光客をめぐり韓国と競争する日本が装着した「最高の武器」だ。




日本を訪問する外国人観光客が増え続けている。2014年(韓国1420万人、日本1342万人)まで韓国が上回っていた外国人観光客数は2015年(韓国1323万人、日本1974万人)に日本に逆転された。昨年は韓国が1724万人、日本は2404万人だった。日本観光庁によると、日本を今年訪問した外国人観光客数は先月15日にすでに2000万人を超えた。昨年は10月30日に2000万人を超えたことを勘案すると、「今年は3000万人に迫る勢い」(菅義偉官房長官)という。2009年-2014年には韓国に遅れを取っていた日本の外国人観光客誘致作戦が破竹の勢いで韓国を圧倒する雰囲気だ。

なぜこういうことが生じたのか。日本観光の潜在力を現実化させた要因を専門家らは5つ挙げる。▼安倍首相の観光リーダーシップ▼日本を再訪問させる「おもてなし」▼競争力のある地方▼ビザ(査証)と宿泊など観光インフラ▼円安--だ。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
日本政府観光局(JNTO)が日本の主要な空港で、自国に帰国する外国人を対象に調査した。調査結果によると、観光客が訪日前に期待したこととして、「日本の食事」(58.5%)がトップ、「ショッピング」(48.5%)、「温泉」(43.4%)、「自然景観、田園風景」(41.8%)、「伝統的な景観、旧跡」(37.6%)と言う結果となった。06年以降1位の「ショッピング」に代わり、「日本の食事」が初めて1位となった。

いまや海外にある「日本食レストラン」の数は約5万5,000店にも昇り、世界中どこでも日本食を食べられるよ時代になっている。中でも「寿司とラーメン」は昔から日本食を代表する代名詞となっています。どこの国でもこの2つの言葉はそのまま通じる。アメリカ人はハンバーガーやステーキなどの肉が好きなイメージがありますが、2014年訪日アメリカ人観光客数89万人のうち約28%が最も満足した飲食にお寿司を選びました。理由は単純に美味しいということと、海外の寿司よりも鮮度が良いからというのが主な理由のようです。(日本政府観光局(JNTO)調べ)

安倍総理のリーダーシップと記事では言うが、日本と韓国を比べれば見どころは日本がはるかに多い。また、おもてなしと言うが、客をお客様と思わない韓国人では、日本旅行に鞍替えするのは当然だろう。中国は環境汚染で、韓国は自国自滅により、日本旅行が増えたわけで、挙句には不法滞在や犯罪も増えたわけで、良いことばかりではない。中央日報は日本を訪れる理由をしっかりと見直す必要があるのではないか…。遠回しで自国政府の問題を掲載するよりは、しっかりと報じる事である。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月06日 10:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL