韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓中通貨スワップの危機、政府・韓国銀行「プランB」の検討か

韓中通貨スワップの危機、政府・韓国銀行「プランB」の検討か

両国の金融安定網の象徴だった通貨スワップ契約延長交渉が失敗に終わる危機に置かれた。5日、政府と韓国銀行によると、総額560億ドル(3600億元/ 62兆ウォン)規模の韓中通貨スワップ契約は、来る10日に満期が終わる。この期間内に延長交渉が成立しない場合は、グローバル金融危機後の2008年12月に締結された両国通貨スワップは、9年ぶりに幕を下ろすことになる。

今週、韓国はお盆、中国は国慶節連休だ。これを考慮すると、実質的な交渉期限は9日、一日だけだ。これさえ限り、従業員が休日を返上して交渉に臨むという仮定だ。韓国銀行関係者は、「人民銀行との連絡が届きましたら、最後まで協議を進行する計画だ」とした。通貨スワップは、異なる通貨をあらかじめ約定した為替レートに基づいて交換することができる協定である。契約期間中に外貨流動性危機が発行する場合、韓国は人民元を、中国は原画を契約限度だけ借りることができる。

スポンサードリンク



現在、韓国は他の国と締結した通貨スワップの規模は、米国ドル換算時1220億ドル水準である。このうち多国間で締結され、チェンマイイニシアティブ(CMIM)のみ384億ドル限度に直接ドルを融通することができる。残り通貨スワップは、契約当事者間の通話のみの交換が可能である。直接ドルを調達する契約はありませんが、韓中通貨スワップは、個々の交渉の規模では最大のうえ、それ自体が、両国の経済協力の象徴であり、今回の延長が失敗に終わった場合、国内経済にも否定的な影響が懸念される。

韓国銀行と政府は、政治と経済は、いわゆる「政経分離(政經分離)」の原則で交渉に臨んだが、人民銀行が再契約に負担を感じる状況に見える。今年の初めから実務協議を進めていた限りでも、7月以降、なかなか糸口を解くことができない。両国通貨スワップが失敗に終わる危機に置かれた韓国政府と韓国銀行がプランB(代替)を準備しなければならないという指摘が出ている。外貨準備高をより十分に築き、他の主要国と通貨スワップ契約の推進にも積極的に乗り出さなければならないとした。
http://v.media.daum.net/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国銀行によると、今年8月末の外貨準備高の規模は3848億4000万ドルで史上最大値だ。国際通貨基金(IMF)、国際決済銀行(BIS)基準によると、国内の輸入額、通話量、外国人証券投資額などを考慮した適正外貨準備高の規模は2800億〜4400億ドルと推定される。イジュヨル韓銀総裁は、先に「国内外貨準備高が不足している状況ではない」という立場を明らかにしたという。

現実不良債権だらけの外貨準備高では、困るのではないか…。流動性のある資金は30%以下ならば論外となる。自国通貨が「売り浴びせ」を受けた時に、それを「買い戻す」ために、外貨準備資産の中から外貨を売却しなければならないからです(いわゆる「為替介入」)。為替介入の基本的な操作は、自国通貨を買えば自国通貨が上昇し、売れば自国通貨が下落する。「通貨防衛」を目的とした為替介入の場合、保有している外貨準備の範囲内でしか介入ができない。

一方で、外貨準備が枯渇してしまえば、それ以上自国通貨を「防衛」することはできない。最悪の場合には、自国通貨が「フリーフォール」状態となり、国内の企業は外国からお金を借り換えることができなくなる。結果、大企業が相次いで倒産してしまう可能性が高まる。「外貨準備」は、その定義上、「世界中で通用する通貨」でなければならない。IMFの外貨準備統計(COFER)によれば、世界の外貨準備の構成通貨は米ドルが約63%、ユーロが約20%、ポンド・円がそれぞれ約5%弱ずつとなっており、この4つの通貨で全体の9割超を占めている。

世界の諸国の外貨準備高全体の6割は米ドルで占められており、多くの国は現金をそのまま持っておくのではなく、米国債で運用している。通常、外貨準備に含められる資産は、韓国の中央銀行に計上されている「その他の外国債権債務」ではなく、「現金・SDR」や「債券」の勘定に計上される。韓国の中央銀行が、なぜこの「その他の外国債権債務」勘定を使っているのかは不明。仮説では、本当に資産性があるのは、25%レベルではとの指摘がある。今年8月末の外貨準備高の規模は3848億4000万ドルであるから、900億ドル規模…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月06日 10:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
ああ、やっぱり
米韓、日韓、中韓の3つの通貨スワップがあった。
米日の順で協定が解消されて、中国が解消すれば3番目。
中国が先頭で解消ではないから、他国からは不自然には
見えないだろう。「ああ、やっぱり」という感じ。
「やっぱり」というのは、韓国は経済が強い国だと。
むしろ、韓国が恋々とこだわるのが不自然に見える。

中国は一帯一路ルートの対ASEANなど、支援側の
スワップを拡大しており、韓国はその対象ではない。
韓国より中国のほうが外交方針が明快だ。
[ 2017/10/06 11:56 ] [ 編集 ]
ふざけんなクソ食い国家韓国
日本は韓国なんか相手にしちゃだめ
まただまされるぞ
[ 2017/10/07 13:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp