韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米ITC「韓国洗濯機、国内産業に深刻な被害」

米ITC「韓国洗濯機、国内産業に深刻な被害」

韓米両国が自由貿易協定(FTA)改定交渉に着手することに合意した中、米国国際貿易委員会(ITC)は5日(現地時間)、サムスン電子とLGエレクトロニクスが輸出する洗濯機のため自国産業が深刻な被害を受けていると判断した。先月22日の韓国産太陽光パネルに続き、ITCが2度目の産業被害判定を出したのだ。

ITCはこの日、米国の家電企業「ワールプール」が提起したセーフガード(緊急輸入制限)請願審査の結果を公開した。審査をした委員4人は「輸入洗濯機の販売量急増により国内産業生産と競争力が深刻な被害または深刻な被害の脅威を受けている」と全員一致で判断した。ただ、サムスンとLGが米国に輸出中の洗濯機のうち韓国生産分は韓米FTAに基づきより今後セーフガードから排除すると付け加えた。しかしサムスンとLGの両社は米国輸出量の大半をベトナムなど海外工場で製造して輸出している。「韓国産」の輸出量は一部にすぎない。




ワールプールは韓国の2社の大型家庭用洗濯機を対象にセーフガードを請願した。この製品の米国内市場シェアはワールプール(38%)、サムスン(16%)、LG(13%)の順で、ワールプール側は「両社が反ダンピング回避のために中国、タイ、ベトナム、メキシコなどに工場を移転した」と主張した。

一方、ITCは19日、「救済措置公聴会」を開き、来月中に投票を通じて措置と程度を決める予定だ。実際セーフガードが発動されるには、ITCのこうした自主的な手続きのほかにも、トランプ大統領にITCが具体的な貿易救済を建議しなければならない。トランプ大統領は建議から60日以内に最終決定を出す。このため今回のITC判定に基づく最終結果は来年初めに出てくると予想される。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
米国が5日、サムスン電子とLGエレクトロニクスが輸出する洗濯機から自国産業を保護するためのセーフガード(緊急輸入制限措置)が必要かどうかを判定する。発動を決める場合、年間1兆ウォン(約1000億円)以上のサムスン・LG洗濯機の対米国輸出が大きな打撃を受ける可能性があるとした。

セーフガードとは、貿易法201条に基づき、特定品目の輸入急増で国内製造企業が被害を受けた場合に支援をするためのものだ。反ダンピング調査とは違い、外国企業がダンピングなど不法行為をしていない場合でも、国内の企業が深刻な被害を受けたと判断されれば輸入を制限することができる。

現在、サムスンとLGは韓国と中国、タイ、ベトナム、メキシコで洗濯機を生産して米国に輸出している。このうちセーフガードの対象である大型家電用洗濯機は昨年の対米国輸出金額が計10億ドルに達している。米国市場シェアはワールプールが38%、サムスンが16%、LGが13%。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月06日 11:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL