韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  日本の工作機械がなければ「中国は銃も作れない」という噂は本当か

日本の工作機械がなければ「中国は銃も作れない」という噂は本当か

アップルのスマートフォンには多くの日本企業の部品が使用されているというが、日本の優秀な製造業が作る部品は様々なところで使用されており、日本製の部品がなければ成り立たないものも多いとも言われる。では、銃などの武器の分野ではどうなのだろうか。中国メディアの今日頭条は1日、「日本の工作機械がなければ中国では銃も製造できない」のか、分析する記事を掲載した。

中国の製造業の発展は目覚ましく、少し前までは「安かろう悪かろう」と言われていたものが、最近では品質を上げてきている。中国国内では「日本の工作機械がなければ、中国は銃も作れない」という噂があるが、これは果たして真実なのだろうか。

記事は、銃などの小型武器産業に関して言えば、中国では清の時代から製造されていたという。ソビエト連邦の軍用小銃AKー47のように、今でも使用されている世界の名銃と言われるものの中には、NC工作機械(Numerically Controlled Machine Tools)が普及する前に製造されたものがあるというが、中国ではNC工作機械の導入はとりわけ遅く、今世紀初めになってやっと普及したほどだとした。





では中国は、日本のNC工作機械がなければ銃を製造できないのだろうか。記事によれば、そうではないそうで、その理由として記事は1つの逸話を紹介している。1970年代、旧ソ連の電子力潜水艦はうるさくてアメリカ人の笑いものになっていたのだが、ある時急に静かになったため、驚いて調べたところ、日本から工作機械を輸入していたことが分かったそうだ。旧ソ連に工作機械を輸出した日本企業は行政処分を受け、日本はアメリカから処罰を受けたという。

そういったいきさつがあり、今でも日本は軍事に応用できる機械を中国などに売ろうとしないと記事は推測している。日本が輸出するのは一般的な工作機械のみであるため、精度の高い多軸NC工作機械などは国内で生産するしかなく、したがって、中国は日本の工作機械に頼らずとも武器を製造できていると主張した。どうやら、日本が売ってくれるわけがないので、工作機械を自国で製造して、銃をはじめとする武器を製造しているはずだという論理のようだが、なんだか説得力に欠けるように思えるのは気のせいだろうか。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本の企業が製造する武器のほとんどすべては国内向けで、防衛省が購入している。日本への武器輸入はあるが、日本からの輸出はこれまで例外的でしかなかった。世界の軍事企業のトップ5社を見ると、「軍事部門の売上げ」も「全売上げに占める軍事部門の比率」も日本の企業に比べると桁違いに大きい。それは、国内向けの売上が大きいとともに輸出額も大きいと考えられる。日本企業も、安倍政権がこのまま続けば、軍事部門の比率を大きく上げて行くことが予感される。武器専門の企業が現われる可能性も考えられるとの指摘もある。

2011年2月に中国メディアは、中国は自分たちが必要としている軍事用部品を加工するのに使う工具が作れない。だから、どんなに高額でも日本から買うしかないと報じている。つまり日本と戦争になったら、技術力で劣る中国は旧式のライフルで立ち向かうしかないということであるから、中国にとっては死活問題となる。 この状況が続いているならば、今もなお日本の精密加工機で武器を製造している可能性は高いのでは…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月06日 11:48 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
兵器商売
中国がこれまでの兵器無償供与から有償売却に
方針を変えてきているから、買うほうは他の
売り手(ロシアなど)と比較して、中国製兵器を
真面目に評価している、というのが背景でしょうか。

記事で出てくるAK-47はロシアで設計製造された
有名な自動小銃で、これのパクリが中国の 56式。
[ 2017/10/06 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp