韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  なんと21年ぶり・・・トヨタが誇る最高級車がついにモデルチェンジ!

なんと21年ぶり・・・トヨタが誇る最高級車がついにモデルチェンジ!

トヨタが2018年に、高級車センチュリーを21年ぶりにモデルチェンジすることが明らかになった。今月25日に開幕する東京モーターショーに新型車が出展される予定だ。トヨタの粋を尽くした「世紀の高級車」のモデルチェンジに、中国の自動車ファンも注目している。中国メディア・今日頭条は5日「20年の時を経て、トヨタの『日本版ロールスロイス』がついにモデルチェンジする」と伝えた。

記事は、トヨタが今年の東京モーターショーで、新型クラウンのコンセプトモデルに加えて新しいセンチュリーを出展すると紹介。「中国の消費者にとってセンチュリーは馴染みが薄いかもしれないが、これはトヨタの創始者・豊田佐吉の生誕100周年を記念して1967年に誕生したフラッグシップ級の高級車だ。各代の現役サイクルがとても長く、今回登場される最新でようやく3代目なのである。センチュリーは日本のロールスロイスと称されており、皇室御用達の車の1つ。ごく一部が輸出される以外は日本本土のみで販売されてきた」と説明している。





そして、公開に先立って発表されたイメージ図からは先代、先々代を踏襲したデザインであることが伺え、寸法は先代よりも長くなっており、また、採用される動力系統は従来のV12エンジンから5リッターの自然吸気V8エンジンにTHSIIを組み合わせたハイブリッドシステムに変更されると伝えた。

トヨタを代表するフラッグシップカーのモデルチェンジに、中国のネットユーザーは「ロールスロイスと同じクラスではないけれど、このクラスでは間違いなくナンバーワンの質だ」、「民族的な感情はさておき、デザインから技術に至るまで、センチュリーはアジアを代表する高級車だ」、「センチュリーと日産のプレジデントこそ、真の高級車」といった感想を残している。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
トヨタは、10月25日に開幕する第45回東京モーターショー2017で、2018年に発売予定の新型「センチュリー」を公開すると発表した。21世紀になってから初めてのモデルチェンジとなる3代目センチュリーは、既に販売終了した先代の5.0リッターV型12気筒エンジンに替えて、レクサス「LS600h」と同じ5.0リッターV型8気筒直噴エンジンに2段変速式リダクション機構付の「THSⅡ」を組み合わせたハイブリッドを採用する。詳細なスペックや、LS600hと同じ4輪駆動になるかどうかは、現時点では明らかにされていない。

センサーやカメラによる安全装備が充実したためか、ついにセンチュリーにもドア・ミラーが採用された。一見伝統的な形状のヘッドライトも、その内部には3灯プロジェクター式ランプにLEDのアダプティブ・ハイビーム・システムが搭載されている。一見控え目なリアのコンビネーションランプにも「和の光」をイメージとした線発光する立体的なレンズが採用された。伝統を破り、その間のガーニッシュ部が黒色化されたのは、「洗練された一体感と落ち着きを表現」するため。二重構造となったグリルの縦格子の奥側やクリアランスランプには、七宝文様を施すことで「精緻な造りこみで華やかさを表現」したという。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月07日 09:54 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp