韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のホテル客室増も外国人客激減でし烈な競争へ

韓国のホテル客室増も外国人客激減でし烈な競争へ

訪韓外国人観光客が大幅に減少する中、ソウル市内のホテルの客室が増加し、業界内の競争が激化している。 中国人を中心に外国人観光客の需要が増えることを見越し、国内外の有名ホテルがソウルにホテルを開業したものの、中国が米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備への報復措置として自国の旅行会社に対し韓国団体旅行商品の取り扱いを禁じたことなどが影響し、中国人を中心とする外国人客が減少したからだ。国内のホテル業界は今後さらに競争が激しくなると見られる。

業界関係者によると、2015年以降、ソウル市内の明洞や東大門、光化門などのエリアにホテルが増え、特に明洞では昨年1年間で客室が2000室以上増加した。昨年末時点でソウル市内の観光ホテルは348軒で、2012年の161軒より大幅に増えた。同期間、客室数は2万7000室から4万7000室に増加した。 今年に入ってからもソウル市内のホテルは増えており、1日にはソウル・竜山に韓国最大規模となる1700室の客室を備えたホテルがオープンした。




ホテルの客室が増え続ける一方で、韓国を訪れる外国人観光客は減少している。 3月以降、THAAD問題による中国人観光客の減少や北朝鮮の核・ミサイルの脅威などによる外国人観光客の減少が重なり、今年1月から8月までに韓国を訪問した外国人観光客は886万4182人で前年同期比22.8%減った。同期間に韓国を訪れた中国人観光客は287万3566人で、前年同期比48.7%減少した。

客室の増加と、外国人観光客の減少により、ホテル業界の苦境は今後も続く可能性が高く、業界関係者は危機感を募らせている。 今後も「フォーポイントバイシェラトンソウル江南」など有名ホテルのオープンが控えていることに加え、マンション型の宿泊施設である「レジデンスホテル」やペンション、個人の家を宿泊先として提供する「民泊」などの宿泊施設も増加しており、ホテルの競争相手が増えているためだ。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年末現在でソウル市内348軒の観光ホテル客室数は4万6947室で、2012年の161軒2万7173室より72.7%増加した。ホテル客室供給量は、観光客増加率を上回った。2016年、韓国を訪れた外国人観光客は1,724万人で2012年の1,114万人より54.7%増えた。ソウルを訪れた外国人観光客(推定値)は、この期間に920万人から1357万人に47.5%増加した。

ソウルに注目するのは、韓国観光産業のバロメーターとなる都市であるため、外国人観光客の約80%がソウルを訪れるだけでなく観光ホテルの半分以上がソウルに集まってくることによるもの。観光ホテル業界では、2012年7月から16年末まで期間施行された「観光宿泊施設拡充に向けた特別法」の後遺症で部屋がだぶつき平均客室料金が下がり続けていると泣き顔だという。

韓国政府は、外国人観光客は増えるのに彼らが泊まれるだけの宿泊施設が不足していることから特別法を設けて観光ホテルを作る際には容積率を2倍近くに増やすなど多様なインセンティブを与えた。さらに駐車場がなくてもホテルを作ることができた。ホテル事情がこのように展開し、すでに竣工予定日が過ぎたのにホテルを建てられていないところも多くなっているという。2022年までにソウル市内に竣工予定のホテルは188軒(2万8201室)に達する。しかし、2015年までに作ることにした6軒、2016年まで作るとした21軒がまだ工事中や工事中断状態にあるという。

中国人観光客の宿泊は、安いビジネスホテルに集中し、ビジネスホテル建設ラッシュと報じたのはつい最近の事だ。中国人旅行者が宿泊に使う資金は少ない。まして大半が日本旅行に変更し、日本へ行けない中国人が韓国を訪れる。さらにTHAAD報復が続けば、中国人観光客が激減したままとなり、空き室も増え続ける事になるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月07日 12:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL