韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、人的資本は最高だが労働参加率は最低

韓国、人的資本は最高だが労働参加率は最低

韓国は世界最高の優秀な若い人材を持っているのに、雇用を創出できず、若者層の労働参加率は世界最下位圏であることが分かった。 世界経済フォーラム(WEF)が7日、世界130カ国・地域の人的資本の活用能力を評価した「2017年グローバル人的資本報告書」によると、韓国の15-24歳の識字能力(文章を読み書きする能力)と算術能力は満点の100点で、世界1位だった。

しかし、同じ年齢帯の労働参加率は28.1点で最下位の120位となった。25-54歳の労働参加率も世界101位だった。これは、優れた若い人的資源を持っているのにもかかわらず、人的資源を効率的に配置・活用するにはぜいじゃくだということだ。この報告書は各国の人口を0-14歳、15-24歳、25-54歳、55-64歳、65歳以上に分け、各グループの学習・雇用・開発の現状をそれぞれ0点(最悪)から100点(最高)と点数を付けて評価している。

スポンサードリンク



実際、韓国の青年失業率はこのところ最悪の状況に陥っている。統計庁によると、8月の青年失業率は9.4%を記録、8月現在で通貨危機の影響があった1999年以降で最も高かった。また、就職の経験がない「就業無経験失業者」も増加傾向にある。同じく統計庁の資料によると、8月現在の20代の失業者39万人のうち、就職を一度もしたことのない失業者は7万2000人だった。

20代の失業者のうち18.5%が就職そのものをしたことがない、純粋な失業者ということだ。この割合は、8月現在の数字で、1999年に関連統計を開始して以来、最も高い水準だ。 一方、WEFはこの報告書で、韓国の全体的な人的資本の活用能力を示す人的資本指数を69.88点と発表した。人的資本指数はノルウェーが77.12点で世界1位、以下フィンランド(77.07点)、スイス(76.48点)、米国(74.84点)、デンマーク(74.40点)などの順だった。韓国は27位だった。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
Yahoo!JapanやLINEなど日本のIT企業11社が、韓国の優秀な経歴職IT人材を獲得するために面接会を実施すると9月に伝えている。 日本を代表する人材サービス会社RECRUITグループのHR(ヒューマン・リソース)会社であり、リクナビやSPI試験でも有名なRECRUIT CAREERが韓国のHR企業のCNPネットワークスと日本就職専門斡旋機関であるグローバルタッチコリアと共同で「第2回IT分野経歴職日本就職JOBFAIR」を開催するとした。今回の行事は経歴職採用に関する現地就職博覧会(合同採用面接会)としては韓国最初にして最大規模となる。

しかしその後の就職できたのかどうかの情報は報じられていないようだ。一方で韓国は世界最高の優秀な若い人材を持っているというが、それほど有能な人材がそろっているのに、政治能力も企業技術能力も低いのでは困りごとだが…。単にわがままなだけではないか…。優秀な人材は単に学力だけの数値だけでとらえると間違いが起こる。日本は就職試験でも、試験の結果のみではないわけで、学校における様々な内容が含まれる。将来企業で働くわけで、いきなりの幹部連中を教育する韓国では、製造と言う基本を知らないで、役職に就く連中も多いだろう。

一方で2011年から空前の高卒採用ブームとなった。韓国企業が高卒採用を拡大する理由としては、定年退職に伴う人材の確保と技術者の技能伝承、人件費の削減などが挙げられる。韓国では「非正規労働者を減少させよ」という世論が高まり、非正規労働者の採用が難しくなっている。高卒新入社員の年俸は2,000万~3,000万ウォンで、大卒の年俸の65~85%の水準である。企業は、高卒採用を人件費削減のための手段にしてきた。それも長く続かずに、大卒でも就職難が加速し続けている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月08日 10:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp