韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスングループ株式時価総額 今年約11兆円増

サムスングループ株式時価総額 今年約11兆円増

韓国を代表する企業グループ、サムスングループの株式時価総額が今年だけで111兆ウォン(約11兆円)以上増加したことが9日、分かった。増加率は30.6%を記録した。中核企業のサムスン電子だけでなく、サムスン電機やサムスンバイオロジクス株が大きく値上がりした。金融情報を提供するエフエヌガイドによると、サムスングループの16銘柄の時価総額は9月28日時点で475兆9549億ウォンと、韓国の主要グループ中トップを守っている。年初に比べ111兆4862億ウォン増加した。

サムスン電子株の時価総額は335兆3218億ウォンで、年初から81兆3956億ウォン(32.1%)増加し、全体を押し上げた。また、サムスンバイオロジクス(113.4%増)、サムスン電機(103.0%増)、サムスンSDI(97.6%増)の時価総額もほぼ2倍に増えた。 一方、SKグループの時価総額は128兆7637億ウォンで、年初に比べ37兆5499億ウォン増加した。増加率は41.2%となり、サムスングループを上回った。サムスン電子と同じく、SKハイニックスが半導体の好況に支えられているため。同社の時価総額は79.9%増の59兆9874億ウォンだった。





LGグループはLGイノテック(81.7%増)やLG電子(57.4%増)、LG化学(59.2%増)など大型株を中心に値上がりし、時価総額は90兆84億ウォンと30.2%増加した。年初に時価総額89兆5655億ウォンで2位だった現代自動車グループは、9.8%減の89兆5655億ウォンとなり、4位に後退した。現代自動車が33兆ウォンから32兆ウォンに減少した。起亜自動車(20.4%減)、現代モービス(14.7%減)、現代建設(10.8%減)なども軒並みマイナスとなった。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
スマホ事業以外のビジネスへの期待感の大きさです。同社の2016年12月期上期(1-6月期)の営業利益の内訳は、スマホなどのIMが53%、フラッシュメモリーや有機ELデバイスなどのDSが34%、テレビなどのCEが13%となっている。一方、サムスンの株式の半分以上は海外の投資家が保有している。サムスンの投資家の要望に応えようとする姿勢は昨年、60%以上の株価上昇をもたらした。これはアップルの同期間の上昇率の35%を大幅に上回っている。また、今年に入り、副会長逮捕への懸念が高まりつつある中であっても、サムスンの株価上昇は続いていた。逮捕が報じられた翌日にサムスン株は0.4%の上昇となった。

政権の腐敗ぶりが連日報道される中、韓国を代表する巨大企業サムスンに劇的な変化が訪れる可能性は高まっている。サムスンのスマートフォン事業や有機ディスプレイ製造、半導体事業等の多様なビジネスは、個別の事業体として運営されており、経営トップの逮捕は多少の混乱をもたらすものの、個別事業の運営にさほどの影響は出ないだろう。ただ上昇すればいずれは限界が来るわけで、まして急激な上昇のツケは早いはず。そろそろ上げどまりだろう。株主は次の売り時期を見ているわけで、売りに転じれば、過去大きく下がったことは無いが、今の上昇を異常とすれば、2016年上昇前に戻る可能性もある。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年10月09日 11:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp